最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/12/30

英虞湾めぐり  旅・レジャー・アウトドア

内宮参詣後、「英虞(あご)湾めぐり」をしようということになり、
観光パンフレットを見ていたらエスパーニャクルーズの写真。

行けば乗れるだろうと、気楽に走って行ったら、
切符売り場の近くで地元のオジサンっぽい人に車を止められた。

「この先には駐車場はない。行先は? 目的は?」と。

「遊覧船に乗るんです」と言うと、
「切符は持ってるのか?」と。

「いや、まだ買っていない。これからまだ乗れる?」と尋ねると、
「あぁ、大丈夫や、乗れる」と、無料駐車場を教えてくれた。

車を止めて切符売り場に戻ると、
「あの黄緑色の舟に乗ってもらうことになるが…」と、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

小型船のメリットなどを説明してくれるので、OKして切符を購入。

クリックすると元のサイズで表示します

        すぐに船は出航
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   島と島の狭くて浅い海をすり抜けるように走る。

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
       乗船したのは賢島遊覧船組合の舟

真珠の売れ行きが落ちて来ていて、
反対にアオサとカキの養殖が盛んになってきているとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
   岩に白っぽくくっついているのが流れガキ

潮が引いているときは、島と島が繋がる。珍島物語みたい。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

筏の上に屋根のある建物が乗っているのが真珠養殖筏で、
屋根のある建物は作業小屋だと。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
   四角い箱が乗っている筏が釣り筏。箱は仮設トイレだと。
       釣り客も多いらしい。

      きれいな海、とても気持ちがいい。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

英虞湾唯一の人工海浜海水浴場。
なのに御食事処はないので弁当持参でないと腹ペコになるらしい。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

プラスチックボールに吊り下げる真珠養殖。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

            有名なミキモト真珠養殖場
                       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

エスパニアクルーズでは、ここで10分間の見学があるらしい。
その船、エスペランサ号。大きくて立派。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

下船して係りの人に「貝を食べさせてくれるようなお店は?」と尋ねると
「上がってすぐのところにある」と、教えてくれた。

貝の3種盛りと、蒸し牡蠣を注文。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

うっかり貝殻だけになってから撮影(^^;
    
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
3種盛りにも牡蠣にも野菜もたくさん付いていたのに、高くない。

          楽しい店長
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                              ↑
          隣のカップルは伊勢海老のバーベキューを注文

クリックすると元のサイズで表示します

  食べ終わって隣の真珠店に入ってみると、
  これまでの「真珠は高いもの」
  との印象からずいぶんとかけ離れ、安い。 

ファッションの多様化と言うべきか、
真珠が売れなくなっているんやろねぇ。

軒並み真珠店。その中にこんなポスターが。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                  ↑
   ここに写っているお店が今もある。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

無料駐車場は近鉄のターミナル、賢島駅のすぐ近く。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

賢島駅のすぐ近くにあるこのホテルが、伊勢志摩サミットの会場。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

あと5カ月、テロに備えての警備や何やらと、
賢島周辺は大変なことになりそう。

地元の人たちも期待と不安でいっぱいという感じ。
さて、どうなることやら。
4
タグ: 三重県 英虞湾 志摩



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ