最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/1/31

“まきまき”講習会@京都  トコ・カイロ学院セミナー

1/30(土)の午前中は施術、午後は“まきまき”講習会
10/2(金)の第1回
に続き、2回目の開催。

前回は18名もの参加者があったが、
今回は5名と少人数。

松江市の助産師2名
大阪の整体師1名と、昨年の妊娠力upクラスの参加者1名
滋賀県の助産師1名で、最高齢は70歳。

  まずは、基本の包み方から、楽しく進行。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2人で1組になり「顔を出したいか? 包みたいか?」など、
本人の希望を尋ねながら包む。

タオルケットなどで、コウノトリのように
吊リ上げるのが、みんな大好き。

これに先立ち、1/14に東京で小林いづみ助産師主催による
“まきまき”講習会が開かれた。

その時、カラーオーガンジーを上からかぶせて
カラセラピー(?)をしたそうな。

これは1/28(木)高輪での
トコちゃんベルトアドバイザー養成セミナーの昼休み
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「“おとなまき”を体験したい」と言う受講者に、
アシストに来ていた小林さんが手持ちの
赤オーガンジーをかぶせた。

それから動きの変化を観察したり、気分の変化を尋ねた後、
その上から顔部分に黄オーガンジーをかぶせて、
変化を観察した時の写真。

これを真似て、京都でもやってみた。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

空色や、この緑色のタオルケットでさらに包むと、
気分が落ち着いて動きたくなくなり、

クリックすると元のサイズで表示します

赤だと気分も燃えて、動きたくなる。

これまでは、カラセラピーって、
これほどすごいものだとは思わなかった。

その後、めまい・不妊・高血圧などを訴えて、
4/5名が施術を希望。

“おとなまき”でほぐれた体は調整しやすかったが、
脈診・血圧測定・解説付きでやっていたら、
終了は18時を回ってしまった。

朝の8時〜9時は空手、10時〜12時半は施術、
14時〜18時はこんな具合で、今日は特別によく動いた。

ともあれ、ケアギバーの皆さんが元気で働けないことには、
ケアを受けたい人が、ケアを受けられなくなってまう。

“おとなまき”でセルフケアして、
80になっても90になっても、働ける体を維持したいものだ。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ