最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/4/1

目の検査を受けに、大阪梅田に  体作り・健康増進・健康管理

4/1(金)、大阪駅前(梅田)のOSビル17階にある
神戸神奈川アイクリニックで眼の検査を受けに行って来た。

クリックすると元のサイズで表示します

地下通って行下はいいものを
位置を頭に入れて体感したい私は、地上に出た。

大阪駅前は道路が斜めに走っていてとてもややこしく、
迷走した挙句、予約時間に5分ほど遅れて到着。

「すみませ〜ん」と走り込んだ私に、
受付嬢は「大丈夫ですよ〜」と笑顔で出迎えてくれた。

そもそも、どうしてここを訪れるようになったかと言うと…、

2か月ほど前、助産師のTさんが、
京都トコ会館で開催した講習会にやって来た。

終わる頃になって、私はようやく
Tさんが眼鏡をかけていないことに気づいた。

何年か前までは大きな老眼鏡をかけていたのに、
眼鏡をかけていない彼女は、とても若々しくステキ。

「コンタクトにしたの?」と尋ねた私に、
彼女は首を横に振りながら「手術したの」と。

「えーっ、手術で老眼が治るの!?」と口にした直後
10年余り前、助産師のAさんが話していたことを思い出した。

「白内障で眼内レンズを入れる手術を受けたら、
老眼も近眼も治って、遠くも近くも見えるようになった。
もっと早く受ければよかった〜」と。

Tさんも、「老眼鏡をかけなくても生活できるようになって、
ほんまに楽〜っ!」と幸せそうに話している。

私はとても羨ましくなり、
「どこで受けたの?」と尋ねたところ、
このクリニックを教えてくれた。

でも「どれくらい効果が続くのだろうか?
何年かたったら不調が生じて、
また手術を受けないといけないのだろうか?」

そんな疑問・不安が湧いてきた私は、Aさんに電話をした。

そしたら、ここに書いたように「右脚が痺れている」と言うので
生駒の家に呼んで、ゆっくり話を聞いた。

「手術を受けてから10年以上たったが、全く不都合はない。快調!」

「新聞も眼鏡なしで読めるので、隅から隅まで毎日読んでいる」

「うんと小さい字の本を読む時だけは、眼鏡をかけるくらい」と。

それを聞いて、よほどのことがない限り、
安全性や効果の長さにも問題がないと確信。

私は今、遠視・乱視で、眼鏡なしでは
本も新聞も全く読めない。

それはまだ眼鏡をかければいいことだが、
最近、ちょっと困ったことが続いている。

らくらく育児クラスに参加した赤ちゃんの
成長発達が良くなるにつれ、
「上の子を…」と施術希望されるママが増えて来た。

すると、その子たちは、頭の形や姿勢が悪いだけでなく
言葉も心身の発達も、少し遅れ気味のことが多い。

そんな幼児は激しく暴れることがあり、
ある時、診察中にゲンコツが私の眼鏡のフレームを直撃!

眼鏡が顔面に食い込み、強烈に痛んだ。

そんなことが2度3度と続くと、
ますます老眼の手術を受けたくなった。

それに空手も、眼鏡なしでもできるのだが…、
やはり相手の動きをクリアに見られる方がいい。

それでまずは適応検査を受けたというわけ。

私の検査を担当してくれた男性は
とても丁寧で、目の周辺に触れる手が優しい。

特に、眼球の形を超音波で検査をする時は、
点眼薬で麻酔をするのだが、
小さなプロ―ベで、眼球の表面をなぞる。

話を聞いただけで怖い(>_<)

なのに、片手でとても優しく私の額などを支え、
片手でプロ―ベを操作するので、痛くも怖くもない。

こんなに上手に人間の体を触る人に
私はこれまで出会ったことがない。

私は職業柄、すぐに分かった。
「この人は只者ではない!」と。

とても触り方が上手いことを告げ
「ダンスか武術か茶道か、何かしているんですか?」
と尋ねると、「ダーツを毎日している」と。

この検査は正確を期すため、
二人が検査を行う。

二人目の男性は手慣れた感じで、
「上手」と言える人だと思ったが、
私の担当の男性と比べたら、全然違った。

全ての検査が終わり、手術の説明を受けた。

右は白内障の影響がすでに現れていて、
それが乱視の原因になっている可能性があるそうだ。

しかし、手術を受けるには、
私の日程を確保するので難しく、
夏までおあずけとなった。

資料をもらった後、少しおしゃべりをし、
彼は視能訓練士という国家資格を持つ人だとわかった。

そして、
「どうして視能訓練士になろうと思ったの?」と尋ねると…、

「実家が眼鏡屋をしていて、そこで少し手伝っているうちに、
この仕事に興味を持ち、学校に入った」と。

などなどしゃべっているうちに、
彼はダーツのプロテストに合格し
トーナメントにも出場している人だとわかった(@o@)

やっぱり“只者ではない”と感じたのは、当たりや!
6
タグ: 体操 踊り 生活動作



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ