最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/5/3

楽しかった〜、初めての空手昇級審査会  スポーツ・武術

5/3(水)の午後は、空手の昇級審査会。
会場は奈良県西部生涯スポーツセンター
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

生駒駅⇒帝塚山学園前駅まで近鉄
その後バスに乗って、降りてから徒歩9分。

今日の審査会は、竹林先生の属する空手技術研究塾(空研塾)と、
そこから独立した龍壱(たついち)道場との、合同審査会。

午前中に小学生の白帯(10級)以下の部があり、
我々は午後。私は12時半少し前に会場に到着。

会場の軽運動室のドアを少し開け、
中を覗き込むと、黒帯の先生達が組手稽古中。

大きな男性の中に小さな少女が一人、
眼にも止まらぬ速さで、
技を連発している姿が目に入り、ビックリ!

後で竹林先生から聞いたところによると、
現在小6年生で、全日本大会で優勝経験があるとのこと、
さらにビックリ(@o@)

13時〜、小学生の青帯(9.8級)以上と
    一般(中学生以上)の部の審査開始。

小学生の動きの機敏さに、私は目を見張ってしまった。

我々はいつもトコ会館1階研修室で
のんびり、ヘラヘラ笑いながらやっているので、
「全く別物!」という感じ。

10級審査を受けるのは私だけで、
白帯の若い男性が2人、あとは全員、青帯以上。

基本の動きの審査時は、私はなんだか皆とタイミングが合わず、
一人だけ早すぎたり遅すぎたりで、これはかなりヤバそう(~_~;)

その後、腕立て・腹筋・開脚柔軟審査。これはできた。

その後、女性の先輩や2段の先生が相手をしてくださり、
約束組み手・組手と続いた。

クリックすると元のサイズで表示します

いずれも、次にどう動いていいのか分からず、
小学生や上級者のように素早く動けず、
かなりムチャクチャ(-"-)

竹林先生が、その前に「声。声を出すように!」と
アドバイスして下さったので、
「ヤーッ!」とか、声だけはかなり出せた。

途中、大人だけ口頭諮問があり、一人ずつ答える。

Q 「空手を習う目的は?」
A 多くの人は「強くなりたい」
  私は「身体能力増進」

Q 「10年後はどうありたいか?」
A 多くの人は「黒帯になっていたい」「空手を続けていたい」
  私は「空手を続けて…、借金を全部返していたい」と
  本心を語ったところ、会場から爆笑

Q 「子どもを連れて歩いている時、暴漢が襲ってきました。
  あなたはどのように対応しますか?」

A これは子どもを持っている人だけが返答。
  答えはいろいろ。

  私は「まず子どもたちを私の後ろに下げ、
  “私は強いんやで”という感じで組手のポーズをとり、
   相手の目を見る。
  その後ニコッと笑って
  『あなたは何をお望みですか?』と尋ねます」と。

その他にも2問くらいあったが、私は喋るのは得意。

順番が来るまでに何と答えようかと考えておいて、
私の順番が来たら、ハッキリとした発音で、
大きな声で、端的に答えた。

しかも、ちょっぴりジョークまじりで喋ったので、
これはパスだろう。

審査の発表は1カ月後だとのこと。

「合格してもしなくてもいい、体験してみよう」と思って
審査を受けたのだから、合否はどちらでもいい。

とにかく、今日は刺激がいっぱいで、受けて良かった。
とても楽しかった。若返った\(^o^)/

会場には子どもたちの父母がたくさん応援に来ていたが、
ほとんど私の息子・娘と言えるくらいの若さ。
運動不足そうな人も多い。

私は「応援だけしていないで、自分もしたらいいのに」
とばかりに眺めていた。

私が審査会に参加したことで、
「私も空手をやってみよう。
 あんなバァさんでもでもやっているんやし」と
思う人が増えたらいいと思う。

動くより見ている時間の方が長かったので、
閉会後も疲れは残っていなくて、
私の頭はかなりハイテンション。

周囲の人といろいろお喋りをしたりした後、
外に出ると、雨が降り始めた。
       ↓    
クリックすると元のサイズで表示します

おかげで、30度超えの昨日と比べて
ずいぶんと涼しかったので、助かった。

竹林先生が呼んで下さったタクシーに
青帯のMさんと私も乗せてもらい、
学園前駅から、近鉄で帰宅。

よっしゃ、来年も受けよう!

3
タグ: 空手 奈良



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ