最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/5/20

母乳育児支援 助産師やまげんの“知恵袋”(模擬)セミナー  トコ企画セミナー

5/20(金)は、京都トコ会館で、トコ企画主催の
母乳育児支援 助産師やまげんの“知恵袋”(模擬)セミナー

参加を申し込んできたのは、ベテラン助産師ばかりで
     (うち1名はIBCLC=国際認定ラクテーション・ コンサルタント)

これでは…、

「母乳育児支援を始めて間もない
看護師・助産師のニーズを掌握できるか?」

…と、不安だったため、
大病院の師長をしている私の後輩に、
若い人の参加を依頼した。

最終的に私を含めベテラン5名
+若手4名という、程好い人数となった。

最初はパワポで解剖学、特に筋肉についての勉強。
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

肩甲骨の動きを良くするため⇒ クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
       宮崎先生が著者の一人である
     この本に掲載されている体操を実習 
                       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大胸筋をほぐしている人  脊柱起立筋をほぐしている人 
      ↓              ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                                 ↑
                    両方同時にほぐしている人

その後、ペットボトルのお茶を口に含み、
ゴックンしやすい角度を撮影。すると、人それぞれ。
           
            首の骨が前弯を描いている私はかなり下向き
                                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します
   ↑             ↑
前弯がとても弱い人     少し弱い人          

こんなにも違うことを初めて知った。

ということは、赤ちゃんもあまりに顎を上げ過ぎると
ゴックンしにくいということなんですね〜。説得力ありますね〜。

その後、母子の姿勢を授乳しやすいように補正するには
どうしたらいいかなどを学び、

    それからグループワーク

クリックすると元のサイズで表示します

2グループに分かれテーマを選択し、デイスカッション

クリックすると元のサイズで表示します

   2人で気になってることや気づきなどを話しあって、
        発表したりしながら、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

たくさんの知恵と技術を伝授していただいた。

最後に一人ずつ感想を述べた。
・「母子整体研究会時代から宮崎先生のファンだった。参加して良かった」
・「まだ助産師になって2カ月目だが、よくわかった」
・「明日からさっそく活かせそう」

模擬セミナーだけど、とても完成度が高く、
満足の声が寄せられセミナーとなり、宮崎先生も私もホッと安心。

ネットでの申し込みも可能となりました。
詳細・お申し込みは⇒こちら
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ