最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/5/18


5/17(火)は東京の高輪サロンでのらくらく育児クラス

これまでと違って、アシスタントの応募がなく
6組の母子に対し、スタッフは
私と西脇裕子助産師(にこにこ助産院@川崎市)の2人だけ。

でも、4月〜東京会場でのらくらく育児クラスは、

「まるまる抱っこ」や“おひなまき”の指導を
 受けたことがある方のみを対象

としたため、特に手のかかる子はなくスムーズに進行。

ところが、これまで見たことのないほど強い
浮き趾の子が2人も!

中高年や子どもの浮き趾が、マスコミやネットで話題になっているが
我々は「赤ちゃんの浮き趾」に何度も遭遇している。詳しくはこちら

クリックすると元のサイズで表示します

ともあれ、二人で何とかすることに。

   Aちゃんは、両方の第3趾が浮いている。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

軽度の浮き趾なら、足の裏〜5本の趾をぴったり合わせて
スリスリすれば、速やかに良くなるのだが、難しい。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

すると西脇助産師が「片方ずつすればいいのでは?」と、やり始め
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
         最初は4本趾からでもOK
       ママにも教えて、スリスリすると
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
   次第に5本趾一緒にスリスリできるようになり、
 反対の足も同様にしてから、両足の裏を合わせてスリスリ
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

手を離すと、こんなにきれいにそろって来た。この間の所要時間約5分。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、しばらくすると少しずつ戻るので、
「毎日、数回続けるよう」ママにアドバイス。

       Bちゃんは、両方の第2趾が浮いている。
         ↓                    ↓            
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

        Aちゃん同様にケアすると
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

Aちゃん同様に改善したが、もちろん毎日続ける必要あり。

浮き趾については、いろんな記事があるのだが、
これが分かりやすいように思う。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

早稲田大学 大学院スポーツ科学研究科
スポーツ科学専攻 介護予防マネジメントコース
5011A306-1 江木 順子 研究指導員: 岡 浩一朗 准教授

この論文の中に載っているこの写真がとてもよくわかる。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「浮き趾の定義は?」というと、
確かなものはないらしいが、

ここでは、

立位時に足趾が地面に接しておらず,歩行時に
足尖まで体重移動がおこなわれない状態


と書かれている。

 フットプリント法で、足底圧を測定した図(上の写真とは別人)
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
          ↑              ↑
第2趾が全く写っていない   第2.5趾が小さく薄くしか写っていない

尾木ママのブログにも

早期教育よりも 足裏鍛える方が大切かも!!

の中に、この2015年12月1日の読売新聞の記事が紹介されている。
                 ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

yomiDr.にもこの記事が載っている。

子どもの「浮き指」増加、転倒・足変形の原因にも

この中に、

浮き指が増えた背景には、子どもが足を使わなくなったことがある

と書かれているが、エビデンスがあるのだろうか?

先ほど書いたとおり、
「新生児の時にはすでに浮き趾はある」と断言できる。

つまり、「胎内でできた」と言える。

赤ちゃんの時から浮いている趾があって、
きちんとケアしないと、
1歳頃に立ち始めたときには、すでにその趾は接地しない。

そんな子を何人か見て来た。

上記ブログやHPに載っている足底圧の図は、
早稲田大学のフットプリント法と比べて、わかりにくい。

第53回日本母性衛生学会総会・学術集会
ランチョンセミナー 骨盤ケアで改善! PART10

で、発表してもらった

京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻
リハビリテーション科学コース 理学療法士 梶原由布先生の

妊娠に伴う腰背部痛・骨盤痛のメカニズム

の研究中、私はプレテストも本番のテストも、傍で見ていたが、

この研究に協力してくださった妊産婦さん達のほとんどは、
足趾が少ししか写らなかった。

「圧がかかっているのがわずかだ」
ということはわかったが、
接地しているか否かは、判別しにくいと感じた。

詳しくはこちらをご覧ください。

やはり、目で見るのが一番簡単。
家庭でもできる、誰でもできる。

乳幼児の時に気付かない程度の浮き趾でも
小学生や大人になってから、
運動不足で悪化し、目立つようになる人もいるだろう。

歳を重ねれば重ねるほど、
浮き趾を直す体操の効率は低下するだろう。

できるだけ赤ちゃんのうちに見つけ、
大きくなってから気付いた場合も、
気付いたその日から、ケアしてなおしてあげてほしい。

もちろん、胎内で浮き趾になってしまわないよう、
妊娠中は骨盤ケアに励んで、
丸いふんわりとした子宮の中で
赤ちゃんを育んであげてほしい。
8



2016/6/12  23:15

投稿者:渡部信子

裕美さん 遅ればせながら有難うございます。
Bちゃんの趾、早く良くなりますよう!

2016/5/24  20:04

投稿者:裕美

Bちゃんのママです。充実したレッスンをありがとうございました。浮き指については健診やべびぃ整体でこれまで指摘されてこなかったので、今回指摘して頂いて本当に良かったと思います。毎日ケアしていきたいと思います。

レッスンで紹介されたボールを探したところ、ダイソーにはありませんでしたが、ベビーザラスとしまむらにありました(イラスト付きですが)。レッスン中にどこで手に入るかという話になっていたので、ご報告です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ