最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/11/16

脊柱側弯の多いこと! メンテ"力"upセミナー@名古屋  トコ企画セミナー

11/15(火).16(水)名古屋の“ウィルあいち”で
メンテ“力”upセミナー。

受講数は当日キャンセルもあり、
1日目…40人、2日目…37人

アシスタントは両日、愛知県内の勤務助産師のこの二人。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今回の受講者は看護師2名、保健師1名、鍼灸師2名
あとはすべて助産師で、全員女性。

全体的に実習が上手で、
「頭がいいな〜」と感じさせられる若い人が多かった。

しかし、2日目の棘間径計測は…(~_~;)

詳しく丁寧に持ち方を説明しているし、
助産学生時代に実習しているはずなのに、

どの会場でも、ほとんどの人は、
おかしな持ち方をする。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
   手を添えて持ちかえを誘導すると、やっと正しく持てる。

意識的に模倣力を伸ばす努力をしないことには、
何事も習得に時間ががる。

ともあれ、今回は全体的に実習はスムーズに進行。

いつもより詳しく丁寧に説明しながらできて、
私も満足のいくセミナーとなった。

休憩時間ごとに、何人もから

「私、側弯症なんです。診てください」

「股関節が痛いんです。診てください」

「切迫早産・早産で、子どもは小さかったんです。
  私の体に原因があるんでしょうか? 診てください」

「不妊治療しているんですが、
  妊娠できないんです。診てください」

とのリクエストがあり、休憩時間や終了後に、
簡単にではあるが、2日間で、20名近くを診察。

診た人の約半数に脊柱側弯があり、
骨盤・頸椎・顎などが、かなり強くゆがんでいる。

そして、「どの体操をすればなおりますか?」
と言われるのだが…、

「毎日5分間とか体操や操体法をして、
整うようなレベルじゃないよ」

と言わざるを得ないくらい、みんなスゴイ(-"-)

「施術に通ってなおしてもらおう」
なんて思っていたら、不経済!

ベーシックセミナーに10日間通って、
自分も人にできるように、知識と技術を身につけ、

お互いに直し合いっこをし、私も施術するから、
貴女も毎日セルフケアに励まないと、
ハッキリ言って、無理!

そんな人が多かった。ふぅ、大変やわ〜。

これが日本全国の傾向なのかなぁ?
今後はできるだけ受講者の体を診ることにしよう。

ちなみに、アシスタントの1人も、
4年前は、かなり強い脊柱側弯症だったが、

私の施術に通ったり、
ベーシックセミナーを受講しているうちに
脊柱も顎も、ずいぶん改善した。

名古屋でのセミナー時のお弁当は、
いつも豪華で、米飯は温かく、京風味で美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
      1日目              2日目
                        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2日目片付けも終わってから、休憩コーナーで記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

この会場は畳の部屋がないので、
設営に時間と体力を要する。

皆しっかり働いてくれたので、いいセミナーができた。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ