最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/11/18

「しるべえ」で3回目の昼食  グルメ(外食・中食)

11/18(金)は大阪中之島にある
大阪市立東洋陶磁美術館の予定。

最寄り駅の京阪「なにわ橋駅」には、
生駒からは乗り替えが多くて不便。

お昼ごはんは南森町の「しるべえ」で食べたいので、
南森町から歩くことに決めた。

空研塾塾長の店長と、お喋りしたいので、
忙しい時間帯を避け、13時入店と決め、生駒の家を出発。

まず、ここに来た目的の1つは、
注文したお節料理の概要と値段を知ること
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ポスターを撮っておしまい。
人生初、注文したお節を家で食べることになる。

今度のお正月は9人になり
孫達もたくさん食べるようになったので、
買ったお節もあると賑やかになると考えた。

デパートとかの、食べたことのないお店のお節は
注文する気にならず、ここのを頼むことにした。

もちろん、毎年のように私のお節も作る。

お料理ができるまでにお手洗いに入ると
これが目に入り、パチリ。

  クリックすると元のサイズで表示します

   お酒と肴は
    人生の楽しみ
     心の遊び
       心遣を大切に


    旬のものを
     季節にふさわしい食べ方で
     調味淡味で自然の味を生かすのが一番
     分量は少し
     品数はバラエティを楽しんで数多く
    器も盛り付けも酒の肴
      眼にごちそうに

これまでに聞いた店主の言葉が
そのまままとめられている。

この文言は、店主が考えたことは間違いない。
しかし…、字があまりに上手い。

そこで尋ねると、
店の開店記念に、書道家の先生が書いてくださったのだと。

さすがにねぇ、美しい字。

   この白和えが最高に旨い(@o@)
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

しかし…、豆腐だけではない。

何かが加えられていると思って聞いたとろ
とろろ芋だと。

その種の芋にもいろいろあるし、
分量とか、加えるタイミングとか、
想像すると楽しいが…、

自分で白和えを作ることは
いつになったらあるだろうか?

もうひとつの来店目的
トコ会館での「塾長特別稽古の会」の日程を決めること。

1/8(日)13時〜とし、トコ会館のスタッフの意見も
明日、聞いて決定することにした。

「一つの蹴りや突きに対して、
7種類の受けがある。

得意なもの3つほど決めて
主に使うようにし、
他の4つも必要時、時々は使えるようにするといい」

などのお話を聞き、

ダブルストッピングのコツを
少しばかり教えてもらったが、やはり難しい。

1/8には、きちんとできるようになろう。

その他「芦原のサバキ」も教えてもらえるらしい。
「怖いもの見たさ」のような気分で、
ワクワクする。楽しみ〜。

食べ終わって、14時少し前
ダブルストッピングをしていたら
男性のお客さんが入って来られ、慌てて中止。

続けてもう一人、女性が
何とその人は、10月も8月も一緒だった。

1週間に1度くらいの来店だそうだが、
毎回私と一緒になるなんて、何という確率!?

ということで、店を出て、なにわ橋に向かった。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ