最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/11/25

授乳指導をしている人が知っておくべき“子どもの口・歯”  トコ助産院セミナー

こちらでお知らせした講演会のお誘いです。

日時:12月22日(木 )10:00〜16:00

テーマ:子どもの健康と発達に及ぼす歯と口の役割

講 師:小児歯科医師の北村義久先生

まだ定員残あります。

東京でも同様の講演会が
10月にあったのですが、

参加者は歯科医師・歯科衛生士が多く、
助産師は少なかったと聞きました。

「助産師に聞いてほしい! 知っておくべき」
との想いで主催した助産師は、
かなりガッカリしていました。

私の耳には

「産後の入院中に、きちんと哺乳できるように
授乳指導してほしい」との声を、

保育士・整体などのケア師・
スリング指導している人などから届きます。

なぜ新生児のうちに正しい哺乳の仕方を
習得しないといけないのでしょうか?

授乳指導をしている人は、以下のことを
きちんと認識して働いてほしいと私は思っています。

・良い哺乳の仕方とは?
・良くない哺乳の仕方とは?
・良い哺乳の仕方を習得していないと
 どんな困りごとが待ち受けているのか?
・子ども達や親御さん達だけでなく、
 歯科医師・歯科衛生士・保育士・小児科医師
 教師などが、どんなに苦労しているか?

「助産師に任せておいては、子ども達が可愛そうと、
授乳指導をし始めた歯科衛生士や看護師さんもいる」

などという情報も届いています。

私は助産師として、
とても悲しく、情けないと思っています。

授乳指導する人は、
少なくとも下記について観察すべきと思います。
・新生児の姿勢
・口や舌の形
・舌の動き
・原始反射(探索反射・吸啜反射)の有無
・吸啜力の強さと性質
・頭・顎・首の筋肉の動き

そして、上記に問題があると感じたら、
どうすれば良いかを考え、
ケアに当たるべきと思います。

飲みもの口に含み、
ゴックンしやすい角度は、人それぞれ、こんなに違うのです。
           
            首の骨が前弯を描いている私はかなり下向き
                                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します
   ↑             ↑
前弯がとても弱い人     少し弱い人          

もちろん、私が最も健康で、歯並びもいいです。

このような違いは、新生児期からの
・抱き方・寝かせ方
・哺乳の仕方

などによって、生じるのだと思います。関連記事

溢れるほど出て来る母乳を、
アップアップしながら、
胃に流し込んでいる赤ちゃん、いますよね?

授乳前より授乳後の体重が
20g増えていれば、

「ハイ、20gも飲めていますよ。大丈夫!」

などと言っていては困るのです。

それは嚥下機能を全て使って哺乳しているのではなく、
「流し込んでいる」だけですから。

その後、しっかり噛んで食事をしたり、
正しい発音で話せることには、
つながりにくいのです。

つまり、発達全般に関わるのです。

もちろん顔面などの筋肉が育ちが悪いと
口を閉じることができず、口呼吸に。

すると、呼吸器系疾患に罹りやすくなります。

噛む力が弱いと、顎の育ちが悪く、
歯並びが悪くなり、
歯列矯正が必要に。

クリックすると元のサイズで表示します

関連記事1  関連記事2
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

また、

・全身の姿勢も崩れて
・良い姿勢を保って勉強できない
・身体機能の発達も遅れ
・スポーツなども不得意
・仕事も間違いが多く、遅く、ドンクサイ

…ということに、つながりかねないのです、

下あごは頭の骨にぶら下がっています。
頭が胴体の上に傾いて乗っている人は
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                  ↓        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    ↑                     ↑
このように上下の歯の中心がずれている人は

・後頭関節(頭と首の間の関節)
・頸椎(首の骨)の並びが、

良いなんてことは、絶対にありません。

視性・発達が良くて
元気に遊び、良く喋り、良く笑う子は、
家族や周囲の人からも

「可愛いねぇ、良い子だねぇ」と
可愛がってもらえますが…、

その反対だと、どうなるでしょう?

近年、私の施術に来られる産後ママから

「実家には帰らない。子どもを連れて行くと
泣いてばかりで、両親が嫌がって
『来るならお前一人で来い』なんて言われる」と。

こんな悲しい現実が進行しているのです。
孫を「可愛い〜」と思って抱けない
祖父母にとっても、寂しいことです。

しっかり飲んで、しっかり噛んで食べることは、
人間が生きていくための、最も基本的な行動です。

そのことに関して、北村先生に
パワーポイントを駆使して
お話していただきます。

母子医療従事者・歯科医療従事者
保育・教育に携わっておられる皆さん
子どもの歯について悩んでおられる親御さん、

それぞれの立場から、
意見交換・情報交換できる会
になればと、期待しています。

詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。
10
タグ: 授乳 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ