最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/11/27

実習用人形のメンテナンス  その他つれづれ

11/27(日)は高輪施術。

施術開始前に、見学のO助産師に、
気になっていた実習用人形のメンテナンスを頼んだ。
          ↓
    販売されている人形は膝が曲がらず、

  クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
   このように足裏をぴったり合わせることはできず、
     “おひなまき”でまぁるく包めない。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
このようにできるようにするために、
小林いづみ助産師が、膝の手術をしてくれたのだが、

経年劣化で、切り残した膝裏の皮膚(合成ゴム?)が
切れた子や、切れかかっている子と…いろいろ(+_+)

ピンポン球の膝関節も脱臼し、ゆるゆる。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「とにかく応急処置をしないと…」と考えた私は
ゴムを縫い付けて、保護することにした。

私が付けたのは1本だけで、他の子たちの両側を
O助産師に修繕してもらった。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
         「これでしばらくは凌げる」と思ったのに、
         18名もの施術が終わってから…、見ると、
              かかとからゴムが外れる_| ̄|○

 仕方なく、ゴムに横切開を入れて、
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
    親趾にかけてみると…、上手くいった(^_^)v
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

いつまでこれで実習できるかな?
その間に、抜本的治療を考えないと。。。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ