最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2017/2/15

Kさんのコラムに衝撃  赤ちゃん・子ども

2/14配信のメンテ“力”up通信に載った、
Kさんのコラムを読んだ
助産師Nさんからメールが届きました。

> Kさんの内容は衝撃、かつ、お母さんの「絶対治す!」という
> バイタリティに愛を感じました。

> うすうすは「そういう子になるかな?」って思いながらも、
> うちのサロンも、だいたい1歳半で卒業なので、
> その後はわからないままです。

> 「療育通いになった」と報告してくれた方は、
> 過去に1人のみ。

これを読んで、私は「きっと他にもいる」と思いました。

私の施術には、まるまるで育った子の
兄姉は、かなりたくさん来られます。

乳児期に私の施術に通っていた子も
幼児・小学生・中学生…になって
時々通って来られる子もあります。

全体的に、「賢く、元気で、
運動も良くできる子が多い」と感じています。

でも、過去に「気になった子」が、
大きくなってから来られることは、
あまりありません。

中には「施術に通ったのに、療育通いになった」と
思っている親御さんもあるかも知れません。

私としては、
「施術に来られたのが遅く、
通われた回数も少なかったので、
十分に調整や体操の指導ができなかった」から、
と思っているのですが…、

それでも、今からでもできることはあるはずです。

気になったしても、
「気になるのでおいで下さい」などと
葉書を出すことはしていませんので、
実態は分りません。

4/1(土)の子どもの身体機能チェックと施術の会

とは別に、施術に通われていたお子さんの、

体と身体能力のチェックの会 を、

「安い値段で開こうかな…」と、考えています。

Nさんのサロンも、1歳半で“卒業”
サヨウナラ〜! では、もったいないと思います。

まるまる育児指導をしている全国全てのケアギバーが

幼児の発達チェックと遊び教室

のような会を開いて、

「ずっとフォローアップできるようにしないといけないな〜」と
思うようになりました。
14



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ