最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2017/3/4

メリーレディーズクリニック@仙台  助産院・病医院・施術院など訪問

3/4(土).5(日)は仙台市愛子(あやし)にある
宮城県立こども病院で、メンテ“力”upセミナー

1日目終了後、両日アシスタントの
山川史子さんが師長を務める
メリーレディーズクリニックに見学に。

山川さんの車に乗せてもらい、5分ほど走ると、
ペンションを思わせるクりニックに到着。

クリックすると元のサイズで表示します

職員用玄関から入り、カフェテリアに直行。

クリックすると元のサイズで表示します

ひとりでゆったりソファに座って、コーヒーをいただき

クリックすると元のサイズで表示します

それからナースステーションに移動

クリックすると元のサイズで表示します

ビビッドなユニフォームをまとったスタッフ諸姉を写真に収め

クリックすると元のサイズで表示します

山川さんの案内で院内見学。

  陣痛室   手術室(分娩室としても使用している)
   ↓                ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

          分娩室
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

聴力検査をする子がいたので、山川さんの説明を聞きながら見学

クリックすると元のサイズで表示します

私が大学病院で働いていた頃は
35年ほど前、小児科では大脳誘発電位とか、
聴覚誘発電位という検査がされていたことがあったが、
まだこのような簡便な器械はなかった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

たくさんの助産師に聞くと、
生まれ方や生まれたときの状態によって
Pass する日数に、違いがあるとのこと。

このあたりのことを「もっと研究できれば…」、
と思うのだが、なかなかである。

屋根はトラス構造で支えられていてて、地震には強そう。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

東日本大震災の時にできた
壁のひび割れが残っていたが

阪神淡路大震災時の京大病院の
壁のひび割れよりずっと軽微、大したものだ。

このクリニックには、
メンテ“力”upセミナーの既受講者も多い。

山川さんを中心に、今後ますます、
母子ケアが充実してゆくだろうなぁ〜
と思うと、嬉しい。
13



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ