最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2017/5/17

トコフェスより空手  スポーツ・武術

5/17(木)早朝に福岡を発ち、新幹線で大阪に。
青葉定例会議の後は、各種打ち合わせや事務仕事。

生駒の家に帰って、明朝すぐに名古屋に移動…、
なんて…、しんどい。

それで、夫と大阪の南森町で夕食を摂り、
名古屋に向かうことにした。

入った店はもちろん、しるべえ

美味しい料理の楽しみもさることながら、
店主(=空手技術研究塾 塾長)とのお喋り。

私が店に入ると、いつもどんな店でも、
次々に来客があり、大忙しになるのに、
何と、我々以外のお客さんは全くなし。

5/7(日)の審査会には塾長も来られていたので、
その時の感想などを拝聴。

なるほどと思うことばかりで、楽しくて、
お料理の撮影は最初と最後のみ、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

途中はすっかり忘れていた(*_*;

ちなみにこの写真は、審査会での自由組み手。

クリックすると元のサイズで表示します

2段の喜美子先生の優しさのお陰で、
私は好き勝手に回し蹴りを楽しんでいる感じ。

これはこれで楽しいのだが、
夜道で怪力の大男に襲われた時に
その危険を回避できるか? と想うと
まだまだ自信がない。

夫に呆れられながら、
空手の話にのめりこむ私。

審査会の日は京都トコ会館でトコフェスだった。

スタッフから孫達まで出動して
ももたろうの劇など
様々な催しを開いたとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

なのに館長である私は空手の審査会に参加。

塾長がおっしゃるように、空手の稽古とは
「仕事と空手の相互に活かせる身体操法と
心の強さを培っていくもの」

トコフェスをサボってでも、
空手審査会はパスできない。

「なんちゅう館長や?!」と思われそうだが、
空手をするのは、ここにも書いたとおり、
これからも末長く働き続けるためである。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ