最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2017/12/4

福岡新水巻病院・助産院  助産院・病医院・施術院など訪問

12/5(火).6(水)は、福岡でセミナーなので、
12/4(月)は京都・生駒に帰るのもロスなので、
移動日となってしまった。

これを利用して、福岡新水巻病院見学と
6/25の宗像大社参詣
コースに含まれていなかった
神宝殿を見学することにした。

小倉の駅前のホテルで朝を迎え、
のんびりとテレビ見て、
さて、ボチボチ出発しようかと、
電車を検索すると、
鹿児島本線は大幅遅れの様子。

駅に着くと、信号機のトラブル
+レールにヒビが見つかったとかやらで
電車は軒並み大幅遅れ、乗車の目処なし。

20分ほど待って到着した電車は
大分からやってきた特急ソニック博多行き。

博多方面に乗車の方は、特急券不要なので
特急に乗るように、とのアナウンス。

途中、黒崎・折尾に停車するので、
折尾で降りれば何とか水巻に行けるだろうと乗車。

JR九州特有のおしゃれな車両に乗り込み
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

折尾で降りたが、次の駅の水巻に行く電車は30分後らしい。

コーヒーを飲もうと北口に向かったが、
東口を出ればミスドがあるだけだと(@o@)

クリックすると元のサイズで表示します

えっ、特急が止まる街なのに?!
駅内にも周囲にも、売店・コンビニすら見当たらず。

この先どうなるのかと心配になり、
駅弁を売っていたので、
とにかく食料確保と、鶏そぼろ弁当を購入。

ミスドに行く途中、見ると
鹿児島本線と立体交差している線路がある。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

調べると、筑豊本線。
若松⇒折尾⇒直方⇒飯塚⇒原田に続く。
だから特急が止まるんや〜。

あ〜、若松・原田の全線を乗ってみたい。
豪華特急には乗りたくないが、ローカル線は好き。

クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
上りの門司港行きは止まっていて動かないが
下りの久留米行きは予告通り30分遅れでやって来た。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

すぐに水巻に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな小さな町に

クリックすると元のサイズで表示します

不似合いと思えるほどの巨大な病院

クリックすると元のサイズで表示します

見たいのはこの敷地内にある、
みずまき助産院。その理由は、

昨年の12月、ここの周産期センター長
白川先生の講演を聞き、

クリックすると元のサイズで表示します

控室で白川先生に、
「ぜひ見学に」と誘っていただいたのだが、

「見学するなら、この助産院で
トコちゃんの骨盤ケア教室を開いている
助産師 成松さんがいるときに」

と決めていたため、
今回は外からの見学のみとした。

クリックすると元のサイズで表示します

看板を頼りに歩いて行くと、すぐに到着

クリックすると元のサイズで表示します

南北の空明りを取り込める設計の美しい建物。

クリックすると元のサイズで表示します

南には芝生の庭が広がり、名前通り、ひだまりの家。

クリックすると元のサイズで表示します

庭の南には、周産期センターと看護助産学校。

クリックすると元のサイズで表示します

周産期センターの玄関に入ってみると、豪華な花。

クリックすると元のサイズで表示します

外来担当医表を見ると、
白川先生は、何と週に4回も!

クリックすると元のサイズで表示します

白川先生に限らず、少ない人数の医師が
週に何日も担当して
外来診療を支えておられることが分かる。

クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
           病院の方にも入ってみると
   きれいな広いロビーに、ずらりと並んだ受付
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
  待合コーナーの奥にはクリスマスツリーも。

クリックすると元のサイズで表示します

病院を後にし、
途中の大型スーパーに立ち寄り
持って来るのを忘れた半袖ポロシャツを
1枚購入し、駅へ急いだ。

クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
通り過ぎる特急・快速を見ながら
ベンチに座って、駅弁を半分食べたところで、
やって来た普通電車に乗れた。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ