最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/2/19

空研塾生駒道場 -4- 3種類の蹴りと帯の結び方  スポーツ・武術

2/18(日)の14時〜は昨年末以来の塾長空手。

前日に電話で、孫達を空手に誘ったところ
姫孫はスキーに、
次郎孫は父親と出かけるとのことだったが、

運動不足で肥満気味を自覚してか、
太郎孫は「行く」と。

「準備をせなあかんし、13時半までに来てや〜」と
言っておいたが、「まぁ遅刻してくるやろ」
との私の予想に反し、13時前には到着した。

私は昼食を済ませ、道着に着替えながら
準備をするには早いし…、

そうや、少林寺拳法を小1〜習い、黒帯も取った孫は
どのように結んでいたのだろうか?
と、
私の帯を渡して、結んで見せてもらったところ、
かつて見たことのない結び方で、
きれいに結んだ(@o@)

IPADでスロー動画撮影したが、
そこからはまだ直接ブログにアップできず…、

写真や動画をノートPCに移すのに、
ケーブル・SDカードなどでも移せず、
youtubeに投稿もできず、
メールに添付するには重すぎる…。

やむなく静止画だけを移してここにアップした。

夫に「準備体操と基礎練習くらいは参加したら?」
と誘ったが、2階から降りてこようとせず。。。

生徒は12月も来てくれた男性看護師S氏と、
私と孫の3人。

S氏は塾長の助手としても働いて
私や孫の稽古相手になってくれる。

今回は塾長からは、
相手を蹴るにも3種類があることを学んだ。

1.傷める蹴り…アキレス腱などを蹴って、
       相手を損傷させてしまう(やっつけてしまう)蹴り。
2.効かす蹴り…筋肉の薄い痛いところを蹴って、
       痛い! 効く〜っ! と、相手を委縮させる蹴り。
3.崩す蹴り……痛くはなく、相手はバランスを崩して倒れてしまう蹴り。

1.は稽古でも、試合でもしてはいけない蹴り。
もちろん「命が危ない」と思うような状況下では
これで命を守らなあかんこともあるかも?

2.は、女や子どもが、
大の男を相手に稽古するときなどは構わない。
私もどんどん蹴らしてもらっている。

塾長も時々、防御の大切さを教えるために、
痛い目に合わせてくれる((+_+))

最も身に着けるべきは3
ということで、この稽古をいっぱいした。

新技を教えてもらっても
私はちっとも覚えられない。

クリックすると元のサイズで表示します

孫とS氏との受け崩しを動画で撮らせてもらって、
それを見ながら、1人で繰り返し復習していたら
最後近くになってから、やっとできるようになった。

S氏は優しくて力加減も上手く、
転がり方も上手いので、
私も孫もずいぶん上手くなったように気分になる。

孫に手伝ってもらって結んだ帯はきれいで、
稽古が終るまで、全く緩まなかった。
すごいもんやね〜。

片付けも終わってから、
孫に帯のほどき方を教えてもらったところ
スルッとほどけて、これまたビックリ。

動画を見ながら、もう1度自分で結んでみたところ
あれっ、わからない。
動画を見てもできないとは(*_*;

再び孫に教えてもらい、やっと結べた。
ユルユルでだらしないが、一応正しく結べた。

クリックすると元のサイズで表示します

「少林寺の人達は皆この結び方をしてるけどな〜」と孫。

空手の人達はオリンピックの
「型のメダル候補」と言われる人でも
結び方がおかしく、
演武が終わる頃には、ほどけそうになっている。

何でこんな違いが生じるのか?
礼儀作法を重んじる少林寺拳法(?)と
無頼漢から身を守る術を教える空手(?)との違い?

17時〜早めの夕食。空手の後はことさら美味。

大和牛・鶏肉・野菜・ジャガイモの焼いたのと
孫が持って来てくれた、長男手作りの鯛の燻製。

クリックすると元のサイズで表示します

孫にとってはオヤツのようなもの。

「家に帰ってから晩御飯を食べる」と
18時には帰って行き、
その後、私は品川へと向かった。

19(月)朝、目が覚めると腕〜肩に筋肉痛。

「裏拳や肘打ちの稽古を、たくさんしたからやな〜」
と思いながらも
痛くて起き上がる気にもなれず、
薄目を開けてテレビを見ながら、ウトウト。

午前の施術を終えたお昼過ぎには、
広背筋や腹筋まで痛みだした。

「なんでこんな筋肉痛が?」と思って
考えてみたら…、

蹴りながら、片手を相手の肩〜首にかけ、
自分の体重移動で相手を崩す時は
「意識することなく、胴体の筋肉を
ものごく使っているんだ」ということに気付いた。

ということは、意識しなくても使えているからこそ、
ちょっとばかりだが、崩せたんや〜(^o^)
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ