最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/9/20

つま先を使う膝這いだと何が困る?  体作り・健康増進

9/15(土)から5日間、高輪で仕事。

9/16(日).17(月)は施術
18(火)カイロプラクティックセミナー第3課程(腰椎).
19(水)は    〃        第4課程(胸椎)

今期は受講申し込みが少くないが、
そもそもカイロセミナーは人数が多いと
目が行き届かないので、ちょうどいいくらい。

カイロセミナーの目標は、
ますば、骨の状態を正しく診察できるようになること。

それから、それを直せるようになること。
直すと言っても、すぐには正真正銘の
カイロプラクティック技を使えるようにはならない。

なので、緩やかに改善させる技もたくさん実習する。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     ↑                 ↑
第1胸椎近辺の凝り固まりを緩める技を
二人羽織で、手を添えて初受講者に教えるのだが、
なかなか体を上手く使えない人が多いので、難しい。

クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
胸椎の長座調整は、つま先を伸ばして行うのが正しく、
私はつま先を立てたら、痛くて、この技はできない。

クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
ところが「つま先を立てる方がまし」と言う人が多い。
でも、彼女達は私のようには上手くできない。

この技は、私は得意なのだか、
苦手な人が多いのは、この“つま先”にありそう。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「この違いは何でできるのか?」と、
話していたら、突然
「膝這いの違いや!」との声。

・つま先を使わずに膝這いをする私は、
 胴体の使い方が上手い。

・つま先を使って膝這いをする人は、
 胴体の使い方が上手くない。

0歳児の時にしっかりズリ這いをしてから膝這いをし
爪先を使わずに高速膝這いができるように育つことが大切!

でないと、整体・医療・保育・介護のように
手や全身を使って人にケアを施す仕事を、
素早く快適にできる人が減ってしまう。

本人も、自由自在に体を動かせず
スポーツ・武術・ダンスなども上手くできず楽しくない。

9/16(日)の施術にやって来た小学6年男子。
膝這いは、なんと、左右で違う(@@;

・右足のつま先は伸ばして
・左足のつま先は立てて

空手を習っている子なので
私が彼のウエストを狙って回し蹴りすると、

・右は体を「く」の字にして蹴りをよける。
・左は体を「く」の字にできず、蹴りをよけられない。

私の予言通りとなった。

空手と膝這いをどちらも続けてしていれば、
どちらも上手くなるはず。

   膝這い関連記事はこちら1 こちら2

私は毎年どころかほぼ毎月、新しい診方・施術を開発。
先月からは肋間の調整にハマっている。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

施術もセミナーも楽しくてしょうがない。
でも「これで極めた〜!」なんて、とんでもない。

まだまだ分からないことや、
非効率で何とかしたいことがいっぱい。

引退するまで勉強を続けても
「これでよし」と言える所まで、
辿り着けるとは思えない。

日本海溝のように深いと感じるのと同時に
爪先を使わすに膝這いできる体に育ったことに感謝。

よく70歳、80歳を超えた歌手や俳優がテレビで、

「まだまだ納得の歌が歌えない」とか
「まだまだいい演技ができない。一生勉強」

などと話しているのを聞く。

そのたび、
「社交辞令、定型句、謙虚ぶっている」
などと思っていたが、

歌手・俳優・画家なども、
同じ心境なのかも? と思うようになった。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ