最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/10/8

興福寺中金堂再建落慶慶讃法要  史跡

9月に入った頃だったろうか?
夫が「招待状が届いてるし、興福寺に行こうや」と。

私は何のことかよくわからず、
日程表を見ると、10/8(月)なら行けるとなった。

このブログを始めた後か?
前だったか? その頃のお正月に
阿修羅像を見に興福寺に行ったことがある。

その時に、夫は建物の改築のために
1万円を寄付をしたらしい。

その建物が、中金堂(ちゅうこんどう)であり、
お礼として、落慶慶讃法要の招待状が届いたというわけ。

10/7(日)に(関係者のみ?)3,000人で法要がおなれたようで
中金堂の屋根を飾る鴟尾(しび)の
除幕が行われたことが、TVニュースで放映されていた。

8(月) 8時半に家を出て、近鉄電車で奈良に。

クリックすると元のサイズで表示します

9:10には奈良公園内にある興福寺に到着

クリックすると元のサイズで表示します

8(月)〜11(火)は寄付した人を招いて
 さまざまなお寺のご山主が参加して法要が営まれる。

20(土)からは一般公開

受付を済ませ席を確保。法要開始は10時からなので、

クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
私は写真を撮ったりお茶を買いに行ったり。 夫はここにいる。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

10時になると司会の男性の美しい声が響き渡る。
「なんて上手!」と思ったら、NHKのアナウンサーやって!
そりゃ〜、上手いはずや〜。

美しい衣をまとった各山の山主や、雅楽隊が座に着き

クリックすると元のサイズで表示します

舞楽・舞楽が奉納。雅楽隊も太鼓もすぐ近くなので迫力満点。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

NHKの大きなカメラがあちこちに陣取り
クレーン車かと見まがうくらいの巨大な装置でも撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
それがスクリーンに映し出され
献茶の様子や、献書の巨大な字もよく見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

岡寺ご山主による唄匿(ばいとく ばいのく)
法要の初めに身心を静めるために唱えられる唄や

その後、高い屋根の上から散華

クリックすると元のサイズで表示します

興福寺の多川貫首から挨拶
「興福寺は藤原の不比等により創建されて1300年、
 火災・再建の繰り返しで、中金堂は300年ぶりに再建された」
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
             奈良県知事荒井正吾氏から祝辞

実におおらかと言うか、
細かなことにはこだわらない人だとわかる挨拶。

建立…「こんりゅう」を「こんりつ」
玄奘三蔵…「げんじょうさんぞう」を「げんしょうさんぞう」
中国・韓国…この場合、中国・朝鮮と言うべきでしょう?
藤原道長の有名な歌…
 「この世をばわが世とぞ思う望月の欠けたることもなしと思えば」
 …私でもサラサラと言えるのに…(*_*;
般若心経とは…「細かいことにはこだわらなくていいとの教え」
〆は…
「中金堂がよく見えるよう、県庁の食堂に南窓を作った。
 500円の定食を食べに来て、中金堂を眺めてください」と。

朗らかなご挨拶に私もすっかり楽しくなって、
挨拶が終わると無意識のうちに、拍手をしていた。
それにつられたのか、周囲からも拍手が沸き起こった。

東大卒の元官僚だそうだが、
こんなキャラの人がトップだと
上手くいくこともあるのだろう…と思った。

それから、4人の男性による舞楽。前列の2人は30歳くらい?

クリックすると元のサイズで表示します

足腰が安定していて、

クリックすると元のサイズで表示します

緩急・静動のキレが良く、ほれぼれ。

クリックすると元のサイズで表示します

焼香には興福寺婦人会の会長・副会長も。
なんとなく、女性はこんな壇上に
上がらせてもらえないと思っていたのに、
ちょっと意外、驚き。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
 とにかく日差しが強烈で暑い。重い着物を着ている人も
         カメラを回している人も大変だわ。

前半と太鼓を打つ人が変わった。
この人が雅楽の隊長? 圧倒的存在感。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   ↑                    ↑
会場全体を見渡し、太鼓を打ち、全てを仕切っている感じ。
昨日の法要では舞楽を舞っている姿がテレビで放映されていた。

12時ちょうどに法要式典が終わり、
西の席の人から順に堂内に。

クリックすると元のサイズで表示します

我々は東なので後。途中から行列の進行が止まり、

クリックすると元のサイズで表示します

 中金堂を背に、自撮りで記念撮影。
          ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

鮮やかな中金堂と、渋い五重の塔とが対照的

クリックすると元のサイズで表示します

この中に安置されているご本尊の釈迦如来坐像などを見学。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
 柱の礎石と思われる石が多数並んでいる。

今は奈良公園の一部と化してしまい
天平時代はどこまでが興福寺だったのか
わからない。
どれほど広大やったんやろ?

とにかく今日のような経験は、
めったにできるものではない。

1万円以上の値打ちがあった。幸せ〜 o(^-^)o

ところで、巨大な柱に使われているのは
アフリカのカメルーン産のケヤキ。

環境破壊が進んだそうで、
現在はすでに伐採禁止になっている。

2階部分に使われているのはカナダ産のヒノキ

日本にはこのような巨木はなく
国産木材は全体の1%くらいしか使われていない。

今後はこれくらいの巨木を使わないと
建て替えられない神社仏閣があっても
もう建てられないということ。

クジラやアフリカゾウの保護も大切だが、
それ以上に木を保護しないといけないのでは…
と思うと、辛いものがある。

お腹がすいたので国宝館を見学する前に
昼食を摂ることとし、県庁前を西に進み

クリックすると元のサイズで表示します

とんかつ定食とアイスコーヒー。
それから戻って国宝館で阿修羅像をはじめ仏像などを見て
さらにオヤツを食べてから帰宅した。

興福寺・奈良公園・正倉院展…お勧めですよ!
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ