最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/10/17

脊柱側彎と、タコ(?)  整体・カイロプラクティック

10/17(水)10〜13時、生駒で
若い女性3人、幼児2人の5人を施術。

9/12.13のメンテ"力"upセミナー@京都トコ会館
復習受講された脊柱側彎症の助産師Mさんが

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

妊娠中の娘 Hさんとその第1子を連れて来られた。

Mさんも娘さん3人も脊柱側彎症だが、
1歳後半のお子さんは側彎なし。

Hさんはお母さんのきめ細やかな骨盤ケア指導を受け
実践し、妊娠経過は良く、安産し、
子どもも育てやすい子だった。

しかし、今回は膝などが痛み、
セルフケアでは痛みを緩和できなくなり来室。

お子さんも背骨・歯並びなどが気になり一緒に来室。

「この体で良く妊娠・出産できたものよ」
と思える体だが、若さとセルフケアのお陰で
これまでは順調だった。

Hさんは今は働いていないが理学療法士。

頑張ってセルフケアを続けても、
脊柱側彎症がきれいになることはまず無理。

妊娠や加齢とともに、体のあちこちが痛くなったり
体調不良になったりする人が多い。

施術後は膝の痛みも消え、側彎も軽減。

お母さんほどは強い側彎ではないので、
妊娠34週までにきれいに整うことを目指すこととした。

お子さんは右目が小さかったのだが、
施術後は両目ともパッチリ。

下顎が小さく歯並びも良くないので、
お母さんとともに予約をとって帰られた。

目も顎も脊柱側彎も膝も…
トラブルの根源となっているのは頭と首の間。

ここはセルフケアだけでは
なかなか良くならない。

セルフケアを頑張っても消えない症状がある方は、
できるだけ若いうちに、施術も受けて、
きれいに整えることをお勧めしている。

3人目の女性は右足にタコ(?)ができ
それを自分でナイフで削ったところ、激痛に(>_<。)

おまけに、右の足首や趾も痛くなり、
左足に過重な負担をかけて歩いていたところ、
お尻や股関節まで痛むようになった。

明らかに足の長さが違っている。

クリックすると元のサイズで表示します

施術後はぴったり揃い、
お尻や股関節の痛みは消えたが、
右足の裏のタコ(?)を削った痛みは消えない。

そんな危ないことをするのではなく、
スピール膏で自宅療法して、良くなるなら、
皮膚科に通う必要もないと思う。

スピール膏を使った私のウオノメ(?)療法の経験記をご参考に。

@ A

Aではまだ治った跡がハッキリわかるが、
今はどこにあったかすら分からないくらい o(^-^)o
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ