最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/10/20

東久留米施術会  各地での施術会

10/20(土)は佐々木奈美子助産師主催の
東京都東久留米施術会
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

対象は彼女が
東京の要町・神楽坂・アルティミスウイメンズホスピタル、
埼玉県の川口で開催している
トコちゃんの骨盤ケア教室受講済みで
症状改善が思わしくない方と、
そのご家族(夫・子ども)

職場の同僚で、骨盤ケア教室の
アシスタント助産師も来室。

佐々木さんが
「キャンセルもあるだろう」と見込んで
34名もの予約を入れていた(@@;

クリックすると元のサイズで表示します

が、私は「キャンセルはまずない。
 17時までには絶対に終えられない」と予測。

1時間の延長で、18時までに全員の施術を終えた。

大人も子どもも
骨格のゆがみが「かなり〜強烈」な人ばかり。

中には、正常な発達が期待できそうにない子や、
脳血管障害や様々な内臓の病気になりそうな人や
妊娠を希望しても「これでは無理」と思える人も。。。

特に、首がひどく、このように外観で分かる人はまだまし。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

外観がきれいでも、
頭〜首〜背中の骨が複雑怪奇に並んでいる人が多く
施術が難しかった。

その理由の一つが、
宗像・熊本・千葉のように施術や個人指導に通える施設が
多摩〜埼玉にはほとんどないからと思える。

宗像・熊本・千葉・函館では、体操用マイピーロ
毎日首のセルフケアをしている大人がほとんど。

子どもも“まるまる育児”で
育っている子がほとんど。

しかし、多摩〜埼玉は
まだそこまでケアは普及していなくて、
体操用マイピーロを持っている人は
1人しかいなかった_| ̄|○

「セルフケアだけで楽な体を保つのは
 無理そうな人がほとんどなのに、
  首のセルフケアは、ほとんどされていないこの現実」

「これくらいのゆがみを持つ人が
 世の中にはいっぱいいるんやろなぁ」

「施術の上手い人が、少人数の施術に頑張るよりも、
 あまりまだ施術は上手くなくても、
 セルフケアをしっかり教えられる人がたくさんいる方が
 その地域全体の健康レベルは向上する」

と、ますます確信を深めた1日となり、
身体的には、とても疲れた。

次回の多摩地区での施術会は当分考えられない。

骨盤ケア・“まるまる育児”で開業し
痛みや不調を緩和できる施術をしたり
セルフケア法を教えられる人が増えてからでないと、
次回の施術会は計画できない。
12



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ