最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/11/30

…ケアを続けると良くなるのか疑問です。  妊娠・出産

11/30(金) 青葉社屋内で、イラストの打ち合わせ終了後、
トコ企画セミナーのアンケートに目を通していた。

新生児ケアセミナーのアンケートの裏面に、
ドキッとする記載があった。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

自由記載欄に書かれているのは

・・・・・・・・
器械分娩が多く無理やりいきませて
お産になる赤ちゃんが大変多い。
生後は傾眠で、オッパイ吸えない、かんしゃくなど、
とにかくうまくいかない子が多く、困惑しています。
もともと自然分娩ばかりのところにいたので、
ギャップが大きいです。
こういう子でもケアを続けるとよくなるのかギモンです。
・・・・・・・・

これを書いた人は25〜35歳の助産師で、
骨盤ケア関連セミナーは未受講。

つまり、メンテ“力”upセミナーなどを受けて、
観察眼が高まってから
こう思うようになったわけではない。

今の施設に就職するまでは、
自然分娩ばかりの施設で働いていて、
そのギャップの大きさに驚いている様子。

施設によって、分娩や新生児の様子が大きく違うことは
もちろん問題だと思うが、それより私の胸に刺さったのは

「こういう子でもケアを続けるとよくなるのかギモンです」
と彼女が思ったこと。

彼女はきっと、自然分娩で生まれ、オッパイを飲み、
かんしゃくを起こさない子達との違いを
痛感しているのでしょう。

そして、こんな状態になってからでも、
ケアを続けると良くなっていくのか、
疑問に思ったのでしょうね。

私が思うには…、
良くならないことはないでしょうけど、
養育者は大変な努力を
続けなければならないでしょう。

それに、子育てを「楽しい」とか
「幸せだ」とは…、思いづらいでしょうね。

分娩は入学試験のようなもの
勉強をせずに入試に臨む人がどれだけいるでしょう?

なのに、

妊娠・出産に関して勉強をし、体作りに励み、
産道を整えるための骨盤ケアに励む人は
どれだけいるのでしょう?

それでは、お産もつらく、
赤ちゃんも元気に生まれて来るのは難しい。

25〜35歳という若い助産師がいだいている疑問を
もっと多くの医師・助産師にもいだいてほしい。

そして、これから母親になる人達には、
そんな疑問をいだかなくてもいいように、
元気な赤ちゃんを産めるよう、
準備に励んでほしいと思う。
16



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ