最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/1/12

らくらく育児クラス、受け身が短時間で上手に  セミナー・クラス(一般対象)

1/11(金)の午後はらくらく育児クラス。

今回も3組の母子の参加で、
スタッフは私を含め助産師3人。

赤ちゃんの月齢は幅があり、
5か月弱、6か月、10か月

本来なら3ヶ月半〜7か月未満なのだが、
定員に満たない場合は、
この範囲外でも参加していただいている。

10か月の子は、C字型に丸まれるのだが、
左右の目の大きさが少し違い、少し寄り目。

クリックすると元のサイズで表示します

6か月の子は、背中はJ字型で、
私が抱っこしても強烈に肘を張り
肘が前に来ず、
カイグリカイグリができない。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑
 5か月弱の子は、第1子も“まるまる育児っ子”で
   お母さんも“まるまる育児ベテランママ”

引き起こし・視性立ち直り反応も完璧。

5か月と記録されていたので
受け身のチェックをしてみたところ…、

真横近くまで5本指をしっかり伸ばしてできる。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

5か月でも6か月に近いのかと思って尋ねたら、
「もうすぐ5か月になる」のだと(@o@)

5か月未満児でこの身体能力、素晴らしすぎる!

10か月の子は、最初は指が伸びなかったが、
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2回目、3回目と、

クリックすると元のサイズで表示します

毎回指が伸びるようになり、

クリックすると元のサイズで表示します

短時間で受け身を上手に取れるようになり、
ママも上手にできるようになった!

クリックすると元のサイズで表示します

やり方も知らない、練習もしないでは、
なかなか、受け身が取れない。練習が大切!

「お座りやす椅子どっせ〜♪」と歌いながら、
京都では昔から家庭で受け身練習していたのにね〜。

「立てよ歩めよ」と願うのが親心だが、
歩くようになってから転倒して、
顔や頭を打撲しては大変。

歩くより先に、しっかり丸まって、
手をついて受け身を取れるようにしましょう!

母子6人の施術もし、目の大きさ、
舌の形、肘の硬さなども改善し、
終了は17時。濃厚なクラスだった。

参加されたママの一人は、
高輪サロンの会員さんの妹とのこと。

姉妹そろって“まるまる育児”ができるって
楽しいですね。
8
タグ: 妊娠 赤ちゃん 骨盤



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ