最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/8/8

「2020インターハイ中止」の危機を救おう!  スポーツ・武術

8/7 インターハイ記事を書いた直後、
こんなニュースが飛び込んできた。

クリックすると元のサイズで表示します

テレビなどでは見たことも
聞いたことがなかったのに…。

インターハイ(全国高等学校総合体育大会)は、
昭和38年に初めて開催されてからすでに半世紀。
私も1967(昭和42)年 クリックすると元のサイズで表示します
高校3年生の時に弓道で出場。

クリックすると元のサイズで表示します

国民的行事として成長してきたはずなのに、
今、歴史上初めての厳しい状況になっているとのこと、

そのわけは、オリンピックがらみ。

2020年のインターハイは
北関東で開催予定だったが
東京五輪と開催期間が重なり、

必要な数の「宿泊施設」が
確保困難になっている。

そのため、当初予定していた
北関東4県では11競技、
残りの19競技を全国に分散して開催予定。

そこで「分散開催による開催経費の不足」
が大きな問題となり、
インターハイの開催そのものが危ぶまれている。

詳しくはこちらを。

私は幼児期から足が弱く、
陰気くさい子どもだった。クリックすると元のサイズで表示します

小中学生時代の体力テストでは、
いつもクラスで最下位。

そんな私は高校入学と同時に
"鈍足でも選手になれるかもしれない弓道部"に入部。

インターハイに出場できたことが、
自分の人生を開拓していく自信となった。

日本の未来の担い手
高校生達の夢と希望、
生きる力を育むためにも、
インターハイ開催中止なんて、とんでもない!

皆様も、ぜひ寄付を!
もちろん、私も先ほどしました。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ