最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/8/20

公共交通機関で、品川⇔ロックハート城  旅・レジャー・アウトドア

ロックハート城には、ほとんどの人が
車で往復しているようだ。

でも、公共交通機関でも
品川⇔ロックハート城、は可能。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、13:45発のバスに乗って同様に。
もしくは、上野東京ラインでも可能。

上越線には初めて乗った。
沼田駅に降り立ったのも人生初。

河岸段丘と言えば飯田と思っていたが…!
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

     沼田城は聞いたことがある程度  ↑
     温泉もたくさんあるようだ。

バスに乗って、私を含め3人が
9:10に一番乗りで到着。

クリックすると元のサイズで表示します

入場券代、1,000円を支払い

クリックすると元のサイズで表示します

森の中の緩やかな坂道を登って行くと、
広間の向こうにドドーンと、お城!

クリックすると元のサイズで表示します

階段の上のど真ん中に△があり↑
鍵に囲まれたハート。↓

クリックすると元のサイズで表示します

△の右下の緑のプレートには、
紋章についての解説 ↓
  
クリックすると元のサイズで表示します

これらの詳しい解説は、お城の2階にある
サンタミュージアムで、ビデオ上映している。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
英国にあったときの映像。
それを購入したのが津川雅彦さん。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

城を丸ごとは運ぶなどという大事業
どれほどのお金がかかったことだろう。

ドレスのレンタル時間が限られているので
ゆっくり見ている暇がなく、残念。

この城を建てたのはウィリアム卿

英国にあった当時のままの部屋を再現した
「ウィリアムの部屋」
と名付けられた部屋は、立ち入り禁止。

クリックすると元のサイズで表示します

1階にあるアンティークな
ステンド グラスがとてもきれい。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

棚の中には美しい皿や
切子のワイングラス。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ジョン レノン、オノ ヨーコ夫妻の写真も。↓

クリックすると元のサイズで表示します

これも面白そうと思ったのに、
再度足を運ぶ余裕がなかった。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ドレスもアクセサリーも返却して
階段の上からレストランをパチリ。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

レストランの入り口に着いたと同時にチャイムが鳴り
レストランの開店時間となった。

入り口の左手にシャーロック ホームズの馬車
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

レストランの名は「ビッグ ハート」
英国的やね〜!  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

野菜が一番多いメニューを選び、
ドリンクバー付きで。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくり休んだ後は、庭園巡り。

クリックすると元のサイズで表示します

国内最古のプジョーや、故ダイアナ妃が乗車した車

クリックすると元のサイズで表示します

城を背に右に塔と教会

クリックすると元のサイズで表示します
 ↑
塔はスプリングベル ↓
          
 クリックすると元のサイズで表示します

教会の内部。ここで結婚式を挙げる人も多いみいたい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

スプリングベルを上がっていくと、
たくさんのハートと、夫婦の名前が書かれたプレート
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

                一番上には鐘  ↑

一番高い窓から下を見ると ↓

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
塔を下りたところがアーチ状の門。  ↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
塔とは反対側のところに騎士の像があり、
ハートがいっぱいぶら下がっている。

日本のお寺だと、仁王像がある場所。
そこに騎士なんて、日本と英国には共通点がある?

出口に向かって下りていく途中に
ウィリアムズ ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します

英国的でもあり、白砂を敷いた日本庭園的でもある。

クリックすると元のサイズで表示します

庭園の向こうにお城が見えるのも日本と同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

滝・池があり錦鯉が泳いているのは日本的で
アヒルが遊んでいるのは英国的。

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
出口近くにもレストランがあるが、素通り。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1日に5本しか運行されないバスに乗ると
お客は私と91歳の元気な女性の2人だけ。

一緒におしゃべりしながら

クリックすると元のサイズで表示します

珍しい形の山を眺めながら、

クリックすると元のサイズで表示します

彼女の元気シャワーを浴びながら

沼田駅に到着。35分の待ち時間で、
JRに乗り、高崎から新幹線で帰った。

乗り換え待ち時間はやや長めだが、
こんなに運行本数が少なくても、
ちゃんと往復できて、体験できた。

上野東京ラインの本数がもう少し多いと
品川まで乗り換えなしで、安いのにな〜。

それではJRが儲からない?

いや、それより
ロックハート城の経営は厳しい気がする。

津川さんも亡くなられたことだし
ドレスのレンタル代なども安すぎでは?

もう少し高くして、
お城や庭のメンテナンスに
もう少しお金をかけてもいい気がする。

なーんて、私がよそ様の
経営を心配しなくていいのにねえ。

ともあれ、還暦・古希などの記念撮影は
ぜひともお勧めしたい。派手に!

楽しい。元気になれる。
若返る気がするよ〜\(^o^)/
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ