最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/10/15

乳幼児でも新技でないと改善しない子  整体・カイロプラクティック

10/14(月)は生駒施術、15(火)は京都施術

ここに書いた新技を、初めて試みたのが9/16(月)

施術に来られた大人の方に初めて使ったのが9/22(日)
乳幼児に初めて使ったのが10/2(水)

つまり、乳幼児でも従来の施術法では
なかなか改善しない子が3人に1人くらいいる。

そのような子のお母さんは、
決まって骨格全体にも骨盤にも問題が多く
中には妊娠中に腰痛で動けなくなった人も。

この母子もそんな1組
施術前、泣いてなくてもJ型

クリックすると元のサイズで表示します

いくら努力と工夫を重ねて
“まるまる抱っこ”をしても
背中はC型にはならずJ型

乳幼児に新技を使うときは
座布団とあぐら用クッションを使う。

クリックすると元のサイズで表示します

施術はうまくできたので、
「C型になるかな?」と期待したのに
しばらく泣き止まず、

次の方の施術をしないといけないので、
撮影できなかった。残念。

次の来室時にどうなっているかな?
楽しみとしておこう。

今日、自分でも驚いたのが、
目の大きさが変わった子。

お母さんは二重瞼でパッチリ、
お子さんは一重瞼で切れ長の目。

「お父さんに似たのかな?」と
私は勝手に想像していたのだが、
施術後、パッチリの目に!

でも、片方はまだもう少しパッチリとならず。
この子も、次回のお楽しみとしよう。
11



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ