最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/11/26

生理的前弯のある正常な首とは?  赤ちゃん・子ども

11/25(月)の高輪施術にやって来たK君 3歳9カ月

お母さんの心配事は
「右肩下がりで、タンクトップを着ると、
 右ばかりずり落ちてしまう」

立ち姿を見ると、確かにその通り。

でも、そんなことより、
この美しい首に見とれてしまった((*^_^*)
 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
きれいな2本の縦の筋肉の間に
くっきりとした窪みがある!

まさしくこれが、生理的前弯のある
正常な首を持つ、健康な子!

膝には傷があるが、顔や頭には傷も打ち身もなし。↑

幼稚園で友達同士でぶつかったり、
押されたりして転ぶことはあって当然なので
膝に傷くらいできても何てことはない。

しっかり受け身を取っているので
顔・頭をしっかり守れている。

お母さんによると
「自分で転ぶことはほとんどない」と。

本来当たり前のことなのだが、
最近はこんな子が私の施術に来ることは少ない。

顎や口を打って、
歯が折れたり、切り傷・打ち身ができて
来室する子の方が多い。

そんな子達の頭〜首の骨は
ひどくゆがんでしまっていることも(>_<)

それらを直すのが私の仕事なのだが、
そんな怪我をしないに越したことはない。

なので、首座り・受け身の練習と確認を
頑張ってやっているのだが、
転落・転倒でゆがんでしまう子が、やはりいる。

そんな子の中には、
首の前弯がきちんとできていない子も。

首の前弯をしっかり作るには、
何と言っても“まるまる育児”が大切!

それにしてもK君、まだ3歳9カ月なのに
泣きもせず、暴れもせずに
私に診察・施術をさせてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

  ↑ この写真はお母さんの facebook から頂きました。

胸椎・肋骨を診ると左右並行ではなく
体操をしながら調整後、立ちあがると、
肩の高さはピッタリ揃っていた。

K君が初めて高輪サロンに来たのは
生後4か月、らくらく育児クラスのとき。

赤ちゃんのころは皆そうだが、
私が触っただけで大泣きする。

そのうち、サロンの玄関に入ると同時に
泣いて暴れたりするのが普通。

4歳になると自分でベッドに寝転んで
泣かずに私に触らせてくれる子が増えてくる。

K君はまだ4歳にならないのに、
素晴らしい成長ぶり。

心の入れ物は体。
体がしっかりしていると
心もしっかりしている!
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ