最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/11/30

空手 -63 - 大脳辺縁系で?   京都空手

11/30(土)は京都空手
生徒はいつもの4人。

ミットの稽古をたっぷり、
しかも20回連続で、いつもよりハードに。

最後は組手、先生は
1回目は受けるだけ
2回目は適宜攻撃も

組手大好きの次郎孫は、
遠慮なく先生を蹴りまくっている。

クリックすると元のサイズで表示します

その速いこと、元気なこと。飛び上がっている!

姫孫は以前のような速さは影をひそめ
ゆったりだが、時折シャープに力強く。

クリックすると元のサイズで表示します

M氏はまだ手指は痛いようだが、
長い脚の蹴りは健在。いや、ますます。

クリックすると元のサイズで表示します

10/26以来の組手で、私はすっかり
組手のやり方を忘れてしまった感じ。

どう動いていいのか、わからない内に
終わってしまったように感じたが、

クリックすると元のサイズで表示します

動画を見ると意外にも、けっこう動けている。

蹴りを片脚で受けながら、
先生の軸足の膝を狙っている…、と思えば

クリックすると元のサイズで表示します

同様に、先生も私の軸足の膝を。

もちろん、転倒したり怪我をするほどの
蹴りではなく、触れる程度なのだが、

クリックすると元のサイズで表示します

動画を見ると、こんなことをしていたのか〜?

思考力は停止していた感じなのに…、
大脳辺縁系で動いていたのかな〜?

いや、しっかり考えて
もっと多彩な動きができるようにならないと。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ