最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/12/15

赤ちゃんの正常な舌  赤ちゃん・子ども

12/8(日).10(火)は生駒施術
12/14(土).15(日)は高輪施術

施術の日には新たな発見や
学びがいっぱいあるのに、
なかなかブログには書けない。

写真を撮る暇もないし
施術後は様々なメールの返信や
セミナー関連の仕事などをしていると
0時を過ぎる。

それから、ブログを書いていたら
睡眠時間が減り
体力的にまいってしまう。

でも、最近
「どうしても伝えておかなくては」と思うのは
正常な赤ちゃん・子どもの状態。

あまりにも正常ではない子が多すぎて、
それが「当たり前=正常」と思う人が多すぎるから。

特に気になるのは
赤ちゃんが泣いているときの舌。

今、圧倒的に多いのが
舌の裏(血管がある)面が見える子。

クリックすると元のサイズで表示します

 泣き方が激しくなると、舌の上の隙間が消失する。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この2〜3年のうちに、
表面が見える子がわずかとなった。

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
正常な舌は、こようなに平らな形で
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

表(ツブツブがある)面が見える。
泣き声も澄んだ高い声。こちらから聞けます。

我々が子育てをしていた40年ほど前は
これが当たり前だった。

若い看護師・助産師では、
この、正常な舌を
「見たことがない」という人も!

当然のことながら
赤ちゃんはお乳をうまく飲めない。
だから
ママは授乳しにくく、疲れる。

そうならないようにするには、
小児歯科のお医者さんもおっしゃっているように、
胎内での赤ちゃんの姿勢が大切。

チェックポイントは
1.顎を引いている?
2.背中は反ることなく丸まっている?
3.指をしゃぶっている?
4.あぐらを組んでいる?

これらを妊娠12週ころから、
妊婦健診ごとにチェックしましょう。

頭は写るが
顔はなかなか写らないのがベスト。

頭〜目が写っているが口元はハッキリしないのは
良くはないが、まだまし。⇒クリックすると元のサイズで表示します

正面を向いた顔が
口までハッキリ写っているのは
上の1〜4の全てが良くない証拠です。

「顔が見えた。うれしい〜」と思いがちですが、
 決して喜ばないでくださいね!

「良くない姿勢になっている!」
と思ってください。

そしてすぐに、骨盤ケアの3原則に沿って
骨盤ケアに励みましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

すでに赤ちゃんが生まれている場合は、
マイピーロと“おひなまき”
“まるまる育児”に励みましょう。

自分でうまくできない方は
こちらから最寄りのケアギバーを探して
教えてもらい、できるようになりましょう。

早ければ早いほど
早く良い姿勢に変わります。

すると

舌や声がきれいになり
むせにくくなり
お乳をよく飲み
スヤスヤ眠り
ニッコリと笑い
おしゃべりをたくさんする
歯並びのいい子に
きっとなると思いますよ。
13



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ