最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/1/5

貰い物、残り物を活用しながら  グルメ(自宅)

1/5(日)は1階に降りることもせず。

・仕事関係のブログ4つ
・メーリングリスト投稿
・メンテ“力”up通信の
 コラム執筆依頼メール送信

など、ひたすらカキカキ。
一人昼飯は残り物で超簡単に。

外の空気を吸ったのが30分ほどで
ベランダに出て藤の枝を剪定し掃除。

夕食は貰い物と、残り物を活用しながら
わずかばかり台所に立って炊事。

残り物のゴボウの西京漬けを細く切って
摺りゴマ・味噌・酢・味醂・カラシを
摺り合わせた中に入れ

電子レンジにかけた残り物のエノキを追加。
それでも、具が足りないので
何を足そうかと思案していたところに

夫が七草がゆ用の
可愛い大根をもらって帰ってきた。

「味噌を塗って食べたら旨いんやって」
と言うので

「それよりこっちや!」と
ザクザクと切って
カラシ酢味噌に混ぜ込んだところ

イメージ通り、いやそれ以上に、旨い!
大根はもちろん、ゴボウもエノキも!
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
大根・蕪寿司も発酵が進んで旨くなった。
  長男お手製のソーセージは茹でて。  ↑
  年々腕が上がっている。

1枚残っていた“すっ豚漬け”も焼いて
二人で半分こ。
残り物の煮物も食べて満足、満腹。

少しの残り物も捨てることなく
アレンジして
美味しい一品を作るのは楽しい。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ