最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/1/17

初めての天満繁昌亭  観劇・ライブ・映画など

1/17(金)は、18:30〜天満繁昌亭で
落語などを聞く予定。

夫の夕食はいつも18時〜なので、
夕食はしるべえで17〜18時の予約を取った。

年末にお節料理を受け取りに行ったときに
多忙で持参し忘れた金柑と
生け花用の南天を採り

クリックすると元のサイズで表示します

昨日トコガーデンで採って来た柚子を、
紙袋に入れ、準備はバッチリ完了!

ところが、まだ時間があると思って
長いメールを書いていたら、
結局8分の遅刻で到着。

夫はもちろん先に到着していた。

クリックすると元のサイズで表示します

おやつの食べ過ぎで米飯は食べられず、
グラスビールを1杯。

この間に肉と野菜の料理が出されたのに
楽しくおしゃべりしていたら撮影し忘れ(*_*;

クリックすると元のサイズで表示します

繁昌亭までは徒歩5分あまりの近さなので便利。

クリックすると元のサイズで表示します

本日の演目は落語・講談・浪曲

クリックすると元のサイズで表示します

10年余り前まではこの近くに住んでいて
繁昌亭ができたことは知っていたのに
入ったことはなく、今回が初めて。

戦後に落語の復興に尽力された師匠の似顔絵。

クリックすると元のサイズで表示します

三代目 桂春団治 五代目 桂文枝 人間国宝 桂米朝 六代目 笑福亭松鶴

クリックすると元のサイズで表示します

あぁ、桂米朝の落語、聞きたかったな〜。

私が小学4年生の時に
村に公民館ができた。

それ以前は、我が家の1階が
公民館代わりだった。

戸を取り外すと
33畳の広間になり、そこで

浪曲・大衆演劇・映画・宴会が
しばしば催されていた。

中でも、浪曲は私の父が好きだったせいか、
半年〜3カ月に1回くらい(?)

近隣の村や町に住む
セミプロのような浪曲師達が
代わる代わる演じていた。

毎回、村の人達もたくさん集まり
私もその中に混じって聞いていた。

着物も演台や帳も
とても綺麗だったことは
今もハッキリ脳裏に焼き付いている。

何を言っているのかは
さっぱりわからなかったが、
声も音程も「綺麗やな〜」
「でも私はあんな声は出せない、歌えない」
と思いながら、飽きることなく聞いていた。

やがて、公民館ができ
我が家も普通の家になった。

そして、TVの時代になったときに
三波春夫・畠山みどりさんなどの歌や浪曲も
TVで放送されるようになった。

その時、三波春夫さんは格別だと思った。

しかし、TVに出ている
畠山みどりさんをはじめ
その他の浪曲師さん達も
特別に上手いとは思わなかった。

それくらい、我が家で演じていた
浪曲師達は上手かったと記憶している。

今日の浪曲師 春野恵子さんは
今、人気の浪曲師だそう。

歌い回しや音程は良く、迫力はあったが、
声に艶がなく、割れたような感じが気になった。

とても無理して出している?
声帯に負担がかかって、傷めている?
そんな感じがして、気持ちよく聞けなかった。

姿勢や下顎のあたりが
イマイチ健康そうには見えず
現代人っぽい骨格が気になった。

片塩寄席に落語を聞きに行った時のブログにも

「胎内〜新生児期に
 良い姿勢を保つ育児法を広げていかないと、
 落語の伝承者もいなくなってしまうのでは?」
と、心配になった2時間であった。

と書いているが、
同様に思いながら繁昌亭を後にした。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ