最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/1/24

柔軟な体作りと診察力  トコ・カイロ学院セミナー

1/22(水)は高輪サロンで
トコちゃんベルトアドバイザー養成セミナー

この日も踊れる体の大切さについて書いたが、
セミナーをするたびに、同様に思う。

23(木).24(金)は
総合ベーシックセミナー第7.8課程

初受講のEさんは、
子どもの頃からバトンや
クラシックバレエを習っていた。

これは、先月彼女がしていた
バトンの準備体操。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

そのせいか、体はとても柔軟で、
素早くきれいに動ける。

では、生まれながらの骨格は?
とても悪い。

2019/9/27にアップしたこの首はこのEさんの首。

クリックすると元のサイズで表示します

首の前弯は全くなく、眩暈などが強く
体調不良だったが、
何とか脱出したくてセミナーにやって来た人。

セミナーのたびに体操をし
受講生同士で、凝りをほぐし合いっこし、

私の整体施術も受けているうちに
首の前弯も少しずつでき
4か月たった今、ずいぶんと元気になった。

子どもの頃からよく踊っていた人は
体を壊しても
体の動かし方が身についているので
回復がスムーズな人が多い。

一番上の写真のバトン体操を、
彼女から受講生全員に教えてもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

受講生はバトンではなく、タオルマフラーで。

肩回りがほぐれて
とても楽になるらしい。

私は凝っていないので、
この体操をしても変化を感じない。

ところが、ショック_| ̄|○

先月はバトンを持ってできたのに、
今日は、腕や手首が痛くて痛くて、できない(>_<。)

原因は、腕立て伏せを
頑張ってやり過ぎたための筋肉痛。

頑張った甲斐あって、
筋肉が強くなったと喜んでいたのに…、
悲しい(T‐T)

しばらく筋トレ系は休むか軽めにし、
タオルマフラー体操をすることにしよう。

この後、たくさんの触診実習や

クリックすると元のサイズで表示します

調整技の復習をし、

クリックすると元のサイズで表示します

熱気でガラスはすっかり曇ってしまうほど。

その後

「京都の空手自主練で
 やっていたことを教えてください」

との声があり、
腕を円相形に保って、
すり足で歩く練習をした。

クリックすると元のサイズで表示します

「明日の朝、30分間、教えてほしい」
との要望も出され、することに。

24(金)の朝、参加者は2人だけだったが、
ウエストに帯代わりの紐を結んで、
少しばかり空手の基礎を稽古。

その後、第8課程(助産力研鑽)で
いっぱい実習し、受講生一同、茫然。

「学生時代に教えてもらいたかった〜」

「私が学生時代に教えてもらった診察法を
 今の助産学生は教えてもらっていない」などなど。

診察力は低下するばかり。
困ったものだ、どうすればいいのか?
頭が痛い。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ