最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/4/6

「3密」を避けて、平安神宮で花見  旅・レジャー・アウトドア

4/6(月)のお昼過ぎに生駒を発ち
平安神宮へ花見に。

近鉄電車もガラガラ。

京都駅から市バスに乗ることとしたが
久々なので、ウロウロしたが無事乗車。

バスもラガラでその上、
小窓が開けられていて涼風が入る。

その小窓から鴨川七条の桜を撮影。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

東山二条で降り、平安神宮に近づくと
道路の向こうに京都市立美術館
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

TVドラマでやっていた
焼くのがとても難しかったという
黄色いレンガを、改めてまじまじと。

神宮前の広場には
けっこうたくさんの人が歩いている。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

レトロな京都会館別館と
桜の大木がお似合い。

クリックすると元のサイズで表示します

木に近づきたいが、人が多いのでヤメて
平安神宮に直進。

クリックすると元のサイズで表示します

天気がいいので、青も丹もとても鮮やか。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは修繕したばかりのようで ↑
漆も金もピカピカ。

  左近の桜はもう散ってしまったよう。   ↓

クリックすると元のサイズで表示します

左近の方(東側)が神苑の出口 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

左右対称の西側から南神苑に入ると
すぐに八重紅枝垂れ桜。

クリックすると元のサイズで表示します

神苑には花菖蒲の季節などに
数回は入ったことがあるが
桜の季節は初めて。

谷崎潤一郎の言う“京都の春”に
初めて出会った。

クリックすると元のサイズで表示します

日本最古の電車が、今なお展示されていて ↑
桜とマッチしている。

クリックすると元のサイズで表示します

顔の前、手に触れるところまで
枝垂れているので、いくらでも撮りたくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

根元の苔の上に花びらが
ヒラヒラと舞い降り、優雅。

クリックすると元のサイズで表示します

今日が最高の見ごろかも?!

桜より直径が倍くらいある大きな花は
カイドウ(海棠)  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

神苑の入り口の上の建物が
桜の雲の上に浮かんでいるみたい。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

巨大なカエデの木も、撮りごたえあり。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

神苑内には松の木も多く、いい被写体。

クリックすると元のサイズで表示します

臥龍橋を渡り、振り向くと
着物姿の若いカップル。
女性が飛び渡れないみたい。  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

カエデの若葉の橙色が
彩を豊かにしていて、見とれてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

塀に沿って歩くと

クリックすると元のサイズで表示します

東神苑に。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは何度来ても最高!

クリックすると元のサイズで表示します

自動シャッターで記念撮影。

絶好の撮影ポイントに立ったはずだったが
若干ずれてしまった。

この後、暑くてブレザーを脱いでしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

神苑内を歩く人のほとんどは、マスクを着用。
今年はずいぶんと人は少ないのだと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

泰平閣(橋殿)を眺める背中側にある山桜。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

泰平閣の中に入ると、人はまばら。

クリックすると元のサイズで表示します

座ってゆっくりと、桜やアオサギを眺めていると   ↑
ビューッと冷たい風か吹きつけ

クリックすると元のサイズで表示します

慌ててブレザーを着て、自撮り。

クリックすると元のサイズで表示します

泰平閣を渡り終えて振り向くと

クリックすると元のサイズで表示します

松の枝の間から
泰平閣のてっぺんの鳳凰が見える。↑

クリックすると元のサイズで表示します

天気はいいし、人は少ないし、桜はきれいだし
私にしては最高にいい写真が撮れて満足。

クリックすると元のサイズで表示します

尚美館(しょうびかん=貴賓館)の前の松も桜も立派。

クリックすると元のサイズで表示します

この前を歩いて行くと右手に

クリックすると元のサイズで表示します

青竹がかかっていて、通せんぼ。↑

見事な枝垂れ桜があるが
“貴賓”しかこれを
愛でさせてもらえないのやろな。

この屋根の上から見える桜も
きっとそうなんやな〜。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

平安神宮の門を出て
美術館との間にあるはずの
岡崎グランドを見に行くと

芝生が植えられていて
野球をしている人の姿が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

次男が毎日のようにここで
野球の練習をしていたの時は
土ホコリが舞っていたのに…。

熊野神社前から市バスで帰ろうと
歩き進むと、露天商のテントが
ズラッと並んでいたところには

クリックすると元のサイズで表示します

立派な建物が建っている。
入ってみると、レストラン? カフェ?

でも、開店休業状態。

新型コロナのせいでお客さんが少なくて
人を雇うこともできないのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

お土産コーナーは店員さんはいたが
お客さんは私以外、誰一人としていない。

クリックすると元のサイズで表示します

バス停に向う途中にある琵琶湖疎水。

クリックすると元のサイズで表示します

まるで公園のように美しい街。

この近くで学び、働き、住んだのは
18歳〜53歳

35年間も“普通の景色”だったのに
久々に訪れるたびに
これは“普通の景色”ではないと思う。

とにかく「3密」に遭遇することなく
花見ができてよかった。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ