最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/8/5

美しい町 美唄  

7/30(木)の美唄施術終了後
主催者の菅里奈助産師の
まーこっこ助産院

先祖代々受け継いでいる郵便局の見学に。

クリックすると元のサイズで表示します

今は里奈さんの夫さんが郵便局長で
まだ残っている仕事の手を止めて
挨拶に出てきてくださった。

自宅と助産院は隣なので ↓ 通勤は10歩ほど?

クリックすると元のサイズで表示します

その後は、美唄出身の安田侃氏の
彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄に。

クリックすると元のサイズで表示します

廃校になった小学校の校舎と敷地を活用して
彼のオブジェが飾られている。

クリックすると元のサイズで表示します

この白くて丸い石に苔が付かないよう
市の職員が1個1個磨いているのだと(@@)

自然派・アウトドア派の私には
よくわからない芸術だが

クリックすると元のサイズで表示します

HPには
「今を生きるすべての人が、無心に、自由に、
 思い思いの時間を過ごすための芸術広場です」

と書かれている。
確かに、現実を離れて
メルヘンチックな気分に浸れる。

ところが、奥の方に進むと
ヒグマが出没することがあり危険とのこと。

急いで次の目的
地焼き鳥で有名なたつみに。

入店したのが、士別に移動する
特急発車時間の30分前。

飲み物とサラダと串カツを2人で食べ

クリックすると元のサイズで表示します

焼き鳥は食べる暇がなく
容器に詰めてもらい
発車11分前に店を飛び出た。

特急ライラックの中で食べ
士別のホテルでもビールのアテとし
残った2本は翌朝に食べ、完食!

美唄の人達の
ソウルフードとなっているそうな。

なるほど…と、頷きながら
美唄の味を堪能した。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ