最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/8/18

名古屋基本整体スタート  トコ・カイロ学院セミナー

8/17(月).18(火)と、名古屋サロンで
基本整体セミナーがスタート。

この新コロ禍の中
初受講者4人+復習受講者2人も
集まったなんて、感激してしまう。

合計6日間のコースで
8〜10月、それぞれ2日ずつ。

8月の講師は私で
小林いづみ助産師が補助講師

クリックすると元のサイズで表示します

9月、10月の講師は小林さん ↑

私がとても気になるのが
受講生の腕の形。

この受講生は、肘が曲がりすぎているのに
脇が開いていない。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

通常の私の腕の形。受講生のように肘を曲げると、脇が開く。
       ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

野球のバッティングでも剣道でも         ↑
脇が開くのは厳禁。私は肘を曲げ脇が開くと、施術はできない。

受講生の腕の形やアライメント(流れ)は
人それぞれで、みんな違う。

この受講生は私と同じように
両腕をクロスさせないでしているが
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この受講生は、同じことをするにも
両腕をクロスさせる方がしやすいと言う。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

教えるのも難しいが、セミナーは楽しい。

腕のアライメントは胎児期の姿勢で
ほぼ決まると私は思っている。

仕事・踊り・武道など、なんでも
きれいに上手にできて
コリや痛みのない腕の人間になるには
胎児期から丸く育ててもらわないと苦労する。

今回の6人のうち
胎児期に正常な屈位の姿勢だったと思える
頸椎の人は1人しかいない。

この人は整体技術が上手い。

あとの5人の第2頸椎の歯突起は
後傾していると推測される、かなりひどい首。

以前から、しんどい体だから
整体を勉強したいと思う人が多い。

ところが5人のうち

1人…バトン
1人…モダンバレエ
1人…テニス
1人…陸上競技(走)
1人…スポーツや習い事歴無し

バトン・モダンバレエ・テニスの3人は
整体技術がかなり上手い。

あとの2人が
整体技術の習得に苦労している。

腕をはじめ全身を
多様に大きく動かしながら
動くことを練習し続けた経験のある人は
整体技術の習得がスムーズ。

走ることだけをし続けた人はそうはいかない。
ましてや、それすらしなかった人は。。。

もちろん、それでも努力に努力を重ねて
上手になって整体で働いている人は
たくさんいるが…

私より上手くなる人が
何人も現れないことには困る。。。

なお、COVID-19 に感染し発症しないよう
全員の後頭骨・第1頸椎〜第3胸椎〜骨盤まで
念入りに整えておいた。

骨格を整えることが
・自律神経の働きを良好に保ち
・神経・血管・内臓の機能を高め
・免疫力を向上させる
と、私は思っているから。

幸い、私のセミナーや施術を受けた人で
COVID-19 感染確認されたという人は、まだいない。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ