最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/9/16

らくらく育児クラス@高輪  セミナー・クラス(一般対象)

9/16(水)の午前は高輪施術
午後はらくらく育児クラス

4組の母子+1人のパパが参加。
スタッフは私・小林で見学者が2人。

定員オーバーの1組の母子は
午前中の施術に来られた。

施術+クラス内容のかなりの部分を
1:1で実習し、短い昼休みの後、クラス。

開講時、4人の赤ちゃんは泣くことなく
這ったり寝返りしたりと、ご機嫌。

泣いている子が多ければ
赤ちゃんの施術から始めるのだが
誰も泣かないので、話と実習から始めた。

ところが、開始すると間もなく
反って泣き出す子が次々と…。

赤ちゃんをの体を観察すると…
寄り目の子が2人
片手が頭に届かない子が2人
浮趾の子が2人…と

最初の思惑とは大違いで
なかなか手強い子ぞろい。

そこで、私は赤ちゃんから順次施術。
その間
小林いづみ助産師に
それぞれのお子さんに必要にケア法を
お母さんに教えてもらいながら進行。

そのケア法が必要ない子の
親御さんの施術も、私が順次実施。

そんな五月雨的な進行の
らくらく育児クラスは、初めてとなった。

全員の施術が終わり
授乳も終わって落ち着くと
16時ころになっていた。

そこから、後半のお話と実習をし
全ての内容を終えたのが17時ちょうど。

ところが、「テーピング!」との小林助産師の声。

テーピングをしなくても
“趾すりすり”だけで
改善しそうな軽い浮趾だと思うのだが
2児のテーピングも実施。

その後見学者1人の施術もし
ふぅ、疲れた〜っ。

9月の高輪の4日間は
コロナ前の賑わいが戻って来た。

10月は3日間と予定を組んだので
3日間ともギツギツ満席。

セミナーの受講生はまだまだ戻っていないが
施術だけでも忙しさが戻って来たことは有難い。

窓の下ではリニア開業に向けて
品川駅再開発工事がどんどん進んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

予定通り、リニアは開業するのだろうか?
このサロンで働けるのもあと2年と5ヶ月。

体力を維持・増進させながら働こう!
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ