最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/9/28

まごわやさしい  グルメ(自宅)

9/22 家事三昧の4連休
を書き、Facebook でお知らせしたところ

札幌のぷれな助産院の木田院長からコメント

> 先生の健康の秘密がわかった気がします。

> 「まごわやさしい」(食材の頭文字)が
> 良いといいますから理想的ですね。

“まごわやさしい”ってわかりますか?
「孫は優しい」ではありませんよ😄

ま=豆
ご=ゴマなどの種
わ=ワカメや海藻
や=野菜
さ=魚
し=シイタケなどの茸
い=芋

健康な生活を送るには
これらの伝統的な日本食の素材を
たっぷりと使った食事を
毎日続けましょう。

という意味です。

9/28の我が家の夕食もこんなの

クリックすると元のサイズで表示します

◎豆の五目煮は、自家栽培のムカゴ入り

 どこに入っているか見て分からないが
 大豆ベースとは全く歯ごたえが変わり
 驚くほど美味しい。

◎緑豆春雨・レンコンのサラダ

 ゴマとゴマ油で薫り高く
 米飯代わりの炭水化物

◎具だくさんの猪汁

◎鶏肉の香り焼きと野菜炒め。

私が子どもの頃から作り慣れ
食べ慣れてきたおかず。

私の子ども達にも
こんなおかずを食べさせてきた。

もちろん、孫達にも
すると

「いつも同じ感じやな〜」と。

父親(私の長男)が作るような
パスタなどの洋食系の
オシャレできれいな食事を

「生駒でも食べたいわ〜」
と、時々不満げに言う。

すると、夫は
「そんなもん食べとうない」

と言うので、結局
昔風がほとんどになってしまう。

孫達はちゃんと食べる。

食べないとお小遣いを
もらえないと心得ているから?

私の子ども達がまだ幼い頃
実家で同じようなおかずを
作って食べさせていたところ

叔母が
「ようこんなこんな小さい子が
 年寄りくさいおかずを食べるな〜。

 私はこんなおかずがええんやけど
 うちの孫は食べん。

 娘はハンバーグのようなものばっかり
 作って食べさせる。

 そやから肥満児になってしもうた。
 あんたの子はデブになっとらん」

と、話していたことを懐かしく思い出す。

太郎孫だけは肥満気味。

私や親の目の届かないところで
お菓子か何かを食べて
ゴロゴロ寝すぎているんやろな。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ