最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/11/29

股関節の靭帯が のびたウドン  整体・カイロプラクティック

11/27(金)の午前の勉強会後の
午後〜28(土)は福岡天神サロンで施術。

大人と乳幼児が半々で
その中で目立って多かったのが
股関節の不調。

大人は股関節周囲の痛みや
違和感や、股関節の動きの悪さ

乳幼児は痛みや違和感があるとは
自分からは言わないが
股関節の動きの悪さはわかる。

お母さん達で目立つのが
股関節を作っている
骨盤の臼蓋

大腿骨頭(大腿骨の頭部)

この間にある靭帯が

クリックすると元のサイズで表示します

のびたウドンのようになっていて
股関節はグラグラ。

これまでは、60代以上の女性に
たまに見られるくらいだったのに…。

30〜40代の女性なのに、こんなに多いのはなぜ?

尋ねると、コロナ禍になってから
外出の機会が減ったとおっしゃる方が多い。

出歩く機会が減れば
股関節の靭帯への
物理的刺激が減り…

靭帯は弱くユルユルになるのは
当然と言えば当然。

でも、なんで福岡だけがこんなに…?
しかも、歯科衛生士・助産師など
歩き回る仕事の人までが…。

と思いながら生駒に帰り
11/29(日)の午前、施術に来られた方の
股関節を診ると
この人もこの人も…ユルユル👀‼️

出勤日が減り、在宅ワークが増え
そんな日が半年余り続き
運動不足、肩こり、手首の痛み
股関節がおかしい…。

コロナ禍でステイホームが叫ばれ
通勤だけでなく
公園などで遊んだり
買い物に出歩く機会なども減っていることが
影響しているとしか考えられない。

大阪の女性は
「大阪は怖くて車の運転なんてできない」
と、電車の駅まで歩く人が多いが、

福岡は車で“ドア to ドア”
歯科衛生士・助産師といえども
1日の歩行時間は短くなっている。

こんなことでは
運動能力低下、免疫力低下で
かえって、COVID-19 に感染・発症する人が
増えるのではと心配なる。

家の中でも、スクワットのように
筋肉を強化する体操だけでなく
つま先立ちから踵をドンと落とすなどの
靭帯強化体操もしてくださ〜い!
11



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ