最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/1/25

ランタナの始末とカマキリの卵嚢  ガーデニング(生駒の庭)

3日間も降り続いた雨が嘘のように
1/25(月)は朝から快晴。

明日からまた雨が
3日間続くとの予報なので

洗濯をたくさんして、ベランダに吊るすと
気持ちいいほど速く乾いていく。

見苦しいことになっている
雪で黒褐色になってしまったランタナ

クリックすると元のサイズで表示します

始末しなくてはと
外に出ると暑いくらい。

太いランタナの枝はノコギリで切り
伸びすぎのホットリップスも
鎌でバサバサと刈り、スッキリ

クリックすると元のサイズで表示します

ここにボケの可愛い花が         ↑
たくさん顔を出してくれたら本望なのだが

クリックすると元のサイズで表示します

まだ育ちが悪く、花はわずかで
そのうえ、外から見えないところにだけ
きれいに咲いている。

紅梅と一緒にカマキリの卵嚢(卵鞘)が
枝に付いている。

クリックすると元のサイズで表示します

人間にとっての害虫を
食べてくれるカマキリは大事な存在。

南天の葉の陰にも発見!

クリックすると元のサイズで表示します

カマキリの卵嚢は
毎年2〜5個見つけるのだが

赤ちゃんカマキリが生まれて来る孵化を
未だ見たことがない。

次郎孫も毎年楽しみにしているのに…。
孵化は4月下旬あたりらしいが…。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ