最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/4/16

スリッキー  その他つれづれ

コロナ禍

セミナー講師として働く日数減少

生駒にいる日数増加

料理をする日数増加

不便さがたまらなくストレス

その一つが
香ばしいすり胡麻を
手軽に使えないこと。

結婚して間もなくの頃
近くのお店で
スリッキーという クリックすると元のサイズで表示します
卓上ゴマすり器を買った。

第1子の産後
田舎から手伝いに来てくれた母が

「こんな便利な物が京都にあるんや〜」
と感激の声を上げた。

「土産に買って帰る」と、
店に売っていた全て(6個くらい)を買って
田舎に持ち帰った。

その後、私は引っ越しを繰り返し
スリッキーも老化
いつの間にか無くなった。

その後、どこに売っているかもわからず
料理をする暇もなくなった。

やがて、セミナーで長野県に行ったとき
ある駅のお店で
よく似た品が売られていたので
喜び勇んで買った。

ところが、全く使い物にならず捨てた。

2004年、名古屋サロンを開くのに
借りた部屋のビル(セサミタワー)の
オーナーは角大産業。

なんと、スリッキーを
考案し製造している会社👀‼️

なのでセサミと名がついていたのだ。

でも、その頃はほとんど
料理をしなかったので
スリッキーを買いたいとは思わなかった

それから16年余りたって
1年ほど前
生駒の百均ショップで
よく似たものを売っていたので買った。

今度はかなり良くすれた。
が、どんどん使い物にならなくなってきた。

近頃、調理をする機会が
増えるにしたがって
すりたての香ばしい胡麻を
手軽に味わえないことが
ストレスとなってきた。

すり鉢を使うほどの量ではないし…
どこに売っているのかもわからないし…
(通販で買えるかも? とは思いつかなかった)

「そうや、セサミタワーの
 管理室で売っているかも?」

と思いついた2日後
4/16(金)の朝
名古屋のビルの入り口で
管理人(角大産業社長)さんに遭遇😄

「スリッキーを20個ほど買いたい!
 プレゼントにも使いたいし」と言うと

「ただでいいよ。安い物だもの
 何年も部屋を借りてもらっているだから」と!

1時間もしないうちに
部屋まで届けてくださった。

昼休みに見ると、ほんまに20個!

クリックすると元のサイズで表示します

「1個いくらするんやろ?
 ネットで調べれば出てくるかも?」

と、検索すると
アマゾンで クリックすると元のサイズで表示します
売っていることが分かった。

部屋の借り手が変わるたびに
1〜数か月
家賃収入がなくなることを思えば

17年も借りている我々は
有難い存在なのだろうが…

でも、申し訳ないので
今度何かお礼の品をもって行こう。

あぁ、早く使ってみたいな〜😄
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ