最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/4/20

小樽観光 -1- 小樽運河  博物館・美術館・建築など

4/20(火)は小樽での休日

ブログ・SNS・メール対応などを
していたら
11時半になってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前から12:00に
鰊御殿・水族館方面行きの
バスが出ると掲示されているように
読み取れたのに…、違うらしい。

50分以上も待つのは嫌なので
歩いて小樽運河方面に。

10分もかかることなく
見事な保存状態の家屋が見えてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

向かい合うように赤レンガの倉庫

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

小樽市指定の歴史的建造物で
今はレストランとして活用されている。↑

そのまま海の方向に進むと
運河に沿った道路に。

クリックすると元のサイズで表示します

この歩道を進んだところに  ↑
小樽市総合博物館「小樽館」が。↓

クリックすると元のサイズで表示します

300円支払って入館。  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

北前船の北端の港として栄えた
江戸〜明治の品々が展示されている。

クリックすると元のサイズで表示します

福井・淡路島などでも
見た品も多かったのだが

この衣装はアイヌのではなく
樺太(サハリン)との関係をうかがわせるのだと。↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
これは ⇒ クリックすると元のサイズで表示します

この印半纏は
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この建物を作り所有していたのは
私と同じ石川県人!
「小樽倉庫組」の半纏👀‼️

クリックすると元のサイズで表示します

「ロ」の字型の建物で中庭があり
屋根にはシャチホコ!

クリックすると元のサイズで表示します

これを見たくなって中庭に。

まるでお城 ↓
  
クリックすると元のサイズで表示します

そのまま第2展示室に進むと

クリックすると元のサイズで表示します

小樽の原風景が再現され

クリックすると元のサイズで表示します

動物や鳥の剥製
鳥の鳴き声も聞けるようになっている。

真中にあるのは
恐竜の骨かと思ったらトド!

クリックすると元のサイズで表示します

中庭から第1展示室の裏口から入ると

クリックすると元のサイズで表示します

明治・大正時代のお店の復元。

クリックすると元のサイズで表示します

ニシン漁の様子も詳しく展示されている。

クリックすると元のサイズで表示します

退館して進むと、そのまま
「「ロ」の字型の倉庫の外壁が続き

クリックすると元のサイズで表示します

「小樽歴史景観保存区域」として

クリックすると元のサイズで表示します

保存されている。

運河に架かる橋の中央部に
ツツジのような花が咲いていて

クリックすると元のサイズで表示します

そこから北北東方向に伸びる運河
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「こちら方向に1時間ほど歩けば
 鰊御殿に行けるはず…」

と思いながら港の方向に進み
港側の橋から総合博物館を見て
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

鰊御殿側に進むか…と思ったところで

クリックすると元のサイズで表示します

「やめた、駅に戻ってタクシーに乗ろう」
と、
道路標識に従って進んだはずなのに…

分からなくなってしまったところに
目に入ったのが…😂 こちらに続く。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ