最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/5/19

質問が尽きない高輪らくらく育児クラス  セミナー・クラス(一般対象)

5/18(火)は高輪サロンで
らくらく育児クラス

参加者は母子4組で
うち助産師…1人、看護師…1人

赤ちゃんは5カ月〜9カ月。

本来は3カ月半から7か月未満児を
対象としているクラスなのだが

クリックすると元のサイズで表示します

9カ月になる児は、未だ
定頸のStep1(引き起こし反射)をパスせず

しかもママは助産師で
骨盤ケア・まるまる育児を勉強し始めた人。

勉強したくてたまらないところに
わが子の反り返りが気になる…

そんな状態なのに

「らくらく育児はもう対象外です」

と言って、断るわけにはいかず
見学も兼ねて、参加してもらった。

もう一人の助産師は
ほのまい助産院を開業したばかりの
高宮真衣奈助産師。

彼女は、この子が2カ月の時に
この子を連れて見学参加したことがある。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

コロナ禍での開催だし
手のかかる母子だと3組が限界なのだが…

高宮母子を含んでの3組なら
手がかかることもない

暖かい季節になったことだし
窓を開けっぱなしにできるので

「4組でもいいだろう」

と、4組の予約を受付けたのだが…。

クリックすると元のサイズで表示します

結果は、反対に長時間を要してしまった。

なぜなら、質問は多く
セミナー並みに
丁寧に説明しないといけない。

クリックすると元のサイズで表示します

医療職でないFママには
消化しきれない内容と
なってしまった。

Fちゃんは
来月も施術を要する状態なのに
6月の施術予約はキャンセル待ち。

やむなく、来月の
「らくらく育児クラスにもう1回」
と勧めたところ
予約を取って帰られた。

17時過ぎても質問は終わらず
全員が帰宅されたのは18時過ぎ!

私はしゃべり続けて
お腹はペコペコ。

ママ達は授乳中なのに
途中でおやつを食べることもせず

「お腹がすいたでしょ?!」と言うと

笑顔で「すいてます〜っ!」と。

「そうか、お腹がペコペコでも
 食欲より学習欲の方が
  勝っているんやな?」と言うと

「そうです〜っ」と。

若いな〜🥺 元気やな〜😓

次回、6/25(金)の
らくらく育児クラスは
5/19(水)には、もう
満席となってしまった😮
7
タグ: 妊娠 赤ちゃん 骨盤



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ