最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/6/2

別子銅山 その周辺  史跡

東平を後にし、道の駅マイントピア別子に。
ところが、カメラの充電切れ…😥

クリックすると元のサイズで表示します

やむなく、このサイトから頂戴した。

週末はマイクロバスが
ここから東平まで
往復しているが

平日は5人以上の予約がないと
走ってくれないので
タクシーを利用したというわけ。

山岳鉱山鉄道の85%の大きさの
復元列車が走っているので
乗車券を購入。

クリックすると元のサイズで表示します

乗客は我々2人だけで
気持ちよく乗っていたのに
5分足らずで終点😮

これで往復1,300円! 高っ!

降りて「入口」と
書かれている方向に歩いて行くと
坑道の入り口にちょんまげ姿の
男性の人形が立っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 この時は充電が復活し
 これ1枚だけ撮れた。

この人形のモデルは
有望な鉱床を見つけた
坑夫長兵衛さんで

ここは、1690年(元禄3年)に
最初に銅の鉱脈が発見された所。

皆で歓喜の声を上げたそうで
歓喜坑と名付けられたのだと。

この中では、江戸時代の
鉱山の様子が残されいて

絵・人形・解説パネルなどが
たくさん掲示されていて、よくわかる。

さらに進むと
明治〜昭和の鉱山の様子が
ジオラマで再現。

鉱山列車・ケーブル・牛
ベルトコンベアが動いていて
子どもから高齢者まで
よく理解できる。

帰りは電気機関車が先導。

坑内見学は無料なので
乗っている時間はわずかなので
往復1,300円は、まぁ妥当。

コロナ禍以前は、お客さんで
いっぱいだったそうなのに
往復とも乗客は我々2人だけ。

タクシーの運転手さんも
1日に駅と東平を3往復したくらい
忙しかったそうだが

今年に入ってからは
我々を乗せたのが初めてだと👀‼️

あぁ〜気の毒。

その後、旧広瀬邸と

クリックすると元のサイズで表示します

邸宅の裏庭に建てられている
広瀬歴史記念館を見学。

クリックすると元のサイズで表示します

広瀬宰平氏は、明治初期に
西洋の進んだ技術を取り入れて
別子銅山を近代化させた人。

それが、現在の新居浜の基礎を作り
日本の近代工業を
推し進めることにつながった。

世界遺産となった
石見銀山は、遠くて
交通の便も悪く
人が多かったこともあり…

とにかく、しんどかった。
それしか記憶にないくらい。

その点、別子銅山は交通の便も良く
見ごたえもあり、景観も素晴らしい。

公害や大規模な労働災害を
起こすこともなく

近代日本を築く上で
多大な役割を果たしたことが
よく理解でき、感動の連続。

「世界文化遺産に」と
あちこちに書かれていたが

ぜひ、なってほしい。
多くの人に見学してほしいと思った。

タクシーでホテルまで運んでもらい
延長時間分の料金を支払い
あぁ〜、よかった〜。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ