最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/6/10


大河内山荘は
無声映画時代の大スター
大河内傳次郎が
庭師と共に30年かけて造営した
別荘と回遊式庭園。

トロッコ列車を降り、この門をくぐり

クリックすると元のサイズで表示します

1000円を支払うと、お抹茶券ももらえた。

何種類かの小鳥の鳴き声。

生駒の小鳥より
きれいに聞こえるのはなぜ?

環境の違い?
静かだから、きれいに聞こえる?

「順路⇒」に従って歩くと
国登録有形文化財の大乗閣

クリックすると元のサイズで表示します

周囲には背を低く抑えた
五葉松がビッシリ。

檜皮葺きの美しい御殿。

クリックすると元のサイズで表示します

内部には書院・寝殿・茶室などが
あるそうだが
入れず、隙間もなく見られず😥

クリックすると元のサイズで表示します

小倉山などの周囲の山々を
借景とした壮大な庭園。

クリックすると元のサイズで表示します

行く先には「順路⇒」が必ず立てられていて
通路はきれいに整備されていて
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あちこちに、大きな石が置かれている。 ↑

迷子になる心配もなく
「順路⇒」がない道も
たくさんあるが、入り込めない様相。

ここは、持仏堂と庭園。

クリックすると元のサイズで表示します

庭園には水はなく、枯山水。

関東大震災で亡くた人々の
御霊を祀る持仏堂を
ここに建てたことから
この山荘造営が始まった。

さらに進むと、滴水庵

クリックすると元のサイズで表示します

屋根は藁葺きや

クリックすると元のサイズで表示します

板葺きの茶室。

クリックすると元のサイズで表示します

展望台からは比叡山〜大文字山(如意が岳)の
東山の山並みが一望でき

その手前には双ヶ岡も。↓

クリックすると元のサイズで表示します

比叡山の真中の下の方に
仁和寺の塔が見え(写真では写らず…)

出口近くに、傅次郎資料館。

丹下左膳といえば傅次郎といわれるくらい
有名だったらしいが

私は映画を見たこともないし、知らない。

クリックすると元のサイズで表示します

真剣でないと演じられないと
日本刀の真剣を使っていたそうな。

最後に抹茶をいただきに茶席に。

クリックすると元のサイズで表示します

外には赤い毛氈を敷いた席
屋内にはテーブルとイスがズラリ

でも、お客さんは
老夫婦1組と私だけ。

庭園内で出会ったのは女性1人だけ。

Nさんとも出会うことなく
渡月橋方面に向かって歩いた。

紅葉がきれいそうなので
紅葉の時期にもう一度来ようかな…
とは思ったが…

やはり私は平安神宮の庭園が好き。

たっぷりの水が流れ
大木に囲まれ

街中なのに静かで
ホッコリでき
季節の花が咲き乱れているから。

それに、近いし安いし。
何度でも行きたいと思う。

それと、もう一度行きたい
と思うのは
修学院離宮やな〜。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ