最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/7/12

吸引分娩? らくらく育児クラス@高輪  セミナー・クラス(一般対象)

7/12(月)の午後は高輪サロンで
らくらく育児クラス

朝、1組の母子から
キャンセルの連絡があり
キャンセル待ち1番のIさん母子が
来られることになった。

Iさんは9月のクラスの
予約をされていたため
9月が1席あいた。

「すぐに申し込みがあるだろう」
と思っていたところ

午前中に施術に来られた
産後2カ月の、Nさんが

「えーっ、9月は満席と
 ブログに書いてあったのに!」と

直ちに申し込まれ、すぐにまた満席に。

午後、4か月になったばかりの
赤ちゃんを連れたIさんが

「早く受けられることになって
 よかった〜」と来室。

クリックすると元のサイズで表示します

最年長は明日で7か月になるYさん。

ケアが行き届いている子ばかりで
クラスは順調に進行。

赤ちんゃんの施術では
首に対して
頭が強く捻じれて乗っている子が2人。

「吸引分娩?」とママに尋ねると
「はいそうです」と2人とも。

午前中に施術に来られ
9月のクラスの予約を取られた
Nさんも引分娩だった。

今日の吸引分娩児の3人の内
2人は簡単に直り

「胎内ではゆがんでいなかったのに
 吸引分娩でゆがんだのだろうな?」

「陣痛の間歇期にママが
 もう少し体操を頑張っていれば…
 医療者がもう少し待てたなら…
 自然に生まれただろうに…」

と思える子。

1人は、とても固くてなかなか直らず。

「胎内でもゆがんでいて、生まれにくく
 吸引分娩で
 さらにゆがんだのだろうな?」

と思える子。

案の定、この子のママの体は

「丸い子宮になるのはとうてい無理」

と思える体。

「妊活中から、いや、せめて妊娠中から
 施術に通っていれば
 もっと母子ともに
 楽な体になっていただろうに…」

と少し残念に思ったが
ママは

「この子には、私のような体に
 なってほしくない」

との気持ちが強い。

これから体作りに励みながら
あと1人産めば
きっと丈夫な体に変わり
健康な家庭を作れると思う。

人生は、しつこく粘った方が勝ち!
私もそうやけど😄
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ