最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/9/22

保健師の中にも… らくらく育児クラス@高輪  セミナー・クラス(一般対象)

9/22(水)の午後は高輪サロンで
らくらく育児クラス

前日、1組の母子から
キャンセルの連絡があり
キャンセル待ち1番のAさん母子が
来られることになった。

Aさんは8月にオンライン受講された方で

しかも、今日の午前最後の時間帯に
双子の赤ちゃんと共に
施術を受けられた。

午後のクラスで
安く施術を受けられるのに
経済的余裕があるんやな〜

と思って、一応確認すると

「ゆっくり施術も受けたいし
 話もしっかり聞きたいので…。

 実は夫が歯科医師で
 私は保健師で
 いつかは2人で開業したいんです」と。

なるほど! それなら納得。

歯科クリニックの建物の中で
母子の保健指導室があるのはいいこと。

ところが、彼女は
「指導のできる助産師さんに
 来てもらおうと思っているんです」と。

いや〜、それもええけど

「アンタがしたらええやん!」

と、叫んでしまった。

自分で“まるまる育児”の
アドバイスができるよう
勉強に来ているんの違うの?!

と思って
兵庫県に歯科医師と助産師の
ご夫婦でと開いている
歯科医院があることを伝えた。

本日の参加は4組で
赤ちゃんは5人。

クリックすると元のサイズで表示します

これまであちこちで
“まるまる育児”を学んで
実践している人が多い。

そのため、赤ちゃんの観察や
質問も細やかなので
大雑把な話や実習はできず
時間がかかってしまう。

が、なんとか16時半までには
施術もすべて終了できた。

Aさんは帰宅時
「オンラインで聞き、施術も受け
 今日もう一度話を聞けたので
 だいぶ理解できました」と。

保健師さんの中にも
“まるまる育児”が
広ががってほしいな〜。
7
タグ: 妊娠 赤ちゃん 骨盤



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ