最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2013/1/26

新年会@東華菜館  グルメ(外食・中食)

1/26(土)京都サロンでのトコちゃんベルトアドバイザーセミナーを終え、
地下鉄のホームに着いたちょうどその時、長男から携帯電話。
「今日は新年会やで〜」と。

すっかり忘れていた〜。
烏丸御池から四条まで地下鉄に乗り、そこから東へと歩くこと約20分。

着いた〜、スパニッシュバロックの見事な洋館。ここが今日の会場「東華菜館
           ↓                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここは鴨川にかかる四条大橋の南西の角。北京料理の老舗。
          ↓                ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この建物には、日本一古いエレベータが今も働いている。
今から40年ほど前には、すでに、
京都にはこのような手で開閉するエレベータは
東華菜館と京大の旧産婦人科病棟(現在の臨床研究棟)の
2機しかなく、二つはそっくり。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お客さん(特に子ども)が手などに怪我をしないよう、
ホテルの職員が運転してくれる。

これは側面。「指を出さぬように」の注意書き。運転盤もいかめしい。
     ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

豪華な伊勢海老が盛り付けられた前菜↓

クリックすると元のサイズで表示します

食べかけてから、写真を撮っていないことに気付き、パチリ↑
しかし、その後はまたまた写真を撮ることをすっかり忘れ、
気が付いたら食べてしまっていた。

かろうじて撮ったもう一枚↓
四つ折りにした蒸しパンみたいなのに、
焼豚・焼鳥・野菜・調味味噌をくるんで食べる↓

クリックすると元のサイズで表示します

これが本日の主食のようだったが、
食欲旺盛な人間がそろっていたため、焼飯を追加注文。

餃子や揚げたあん入りの中華餅など、
多種多量に食べたが、
中華料理独特の油ギラギラが全くなく、胃もたれ感ゼロ。

最後の杏仁豆腐は、さすがの歯ごたえと香りで、満足。
いつも高輪で食べている杏仁豆腐とは別物。
もちろん、値段も違う。

この建物は昭和元年に建てられたとのこと。柱も天井も手が込んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

京大の旧産婦人科病棟(現在の臨床研究棟)が建てられたのは、
たしか、昭和5年だったと記憶している。

私が働いていた頃の旧産婦人科病棟は、
古くなって、特に産科の病室は「野戦病院」などと言われていたが、
壁の材質は湿度調節の働きがあり、
蒸し暑い夏でも、建物に入ったとたん、スーッと気持ち良かった。

旧産婦人科病棟はスパニッシュバロックではなかったが、
建物に使われている材木や壁なども、
二つはかなり雰囲気が似ている。

玄関や洗面所のタイルも見事なまでに芸術的で、
いにしえの高級ホテルを思わせるほど、豪華に作られていた。

最上階(5階)にあった助産婦学校の教室や屋上は、
ひときわ美しかった。

学生時代は、古めかしい部屋に追いやられているような気分でいたが、
京大病院を辞めてから、最高の教科書を使って、最高の教官に、
最高に贅沢な環境で学ばせてもらっていたことに気付き、
感謝で頭が下がる。

20年以上入っていなかった東華菜館に入り、
若かりし頃を思い出してしまった。

東華菜館の玄関を、内側から見たところ↓

クリックすると元のサイズで表示します

外から見た玄関↓

クリックすると元のサイズで表示します

               二人揃って鴨川を見ている孫↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
建物群と鴨川との間を流れる人工河川。夏になるとこの上に「床」が賑わう。
  
食事中は本格的な降雪だったが、すっかり止んで月が冴え冴え。
                                 ↓           
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
         ↑               
京阪電車に乗って帰ろうと、駅に向かう途中、振り返ってパチリ
四条大橋から見た東華菜館と、料亭群。(南座界隈に続く)

昼に鴨川の東側から見ると、こんな風に見える。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私ではなく家族が撮影した一枚です。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ