最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/12/16

人数は少なくても忙しいメンテ“力”upセミナー  トコ企画セミナー

12/15(水).16(木)は横浜市で
メンテ“力”upセミナーを
開く予定だったのに

受講申し込みが少なく
高輪サロンで開くこととなった。

1日目は11人、2日目は9人の
お申し込みはだったのに

当日ドタキャンで10人
8人となった。

受講者は
保育士・柔道整復師・ヨガ講師・写真家…各1

助産師6人で
院内に骨盤ケアをしている
先輩助産師がいる人が3人。

新生児ケアなどの講師をしているため
内容すり合わせを兼ねて
たいてい
事務局 兼 アシスタントも担っている 
小林いづみ助産師が
足が弱ってきたた。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
その業務を引継ぎくだめ
吉田万里子保育士が来てくれた。

まだ口は達者で講師はできるが
室内でも杖を使って歩行。

クリックすると元のサイズで表示します

重度仮死で生まれ
私が初めて出会ったときは
頸椎がすべて
コンクリート詰めの状態だった。

なので
骨盤ケア・整体と出会わなかったから
今頃はベッドの上で暮らしているか
もしくは
もうこの世にいないかも?

と、私も彼女も思っている。

小林さんの後任の人材育成を
急がなければならなくなってきた。

吉田さんにも、何年か後には
立派な講師として活躍してほしいものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

吉田さんは
4人の子育て中ママ。

発達応援シッター(ベビーシッター)で
“ひかりmama&baby”を主宰。

このオンライン座談会
演者として参加している。

私は大いに彼女の活躍を期待している。

セミナーはいつもの通り進行。
相変わらず2日間の内容は
“てんこ盛り”で忙しい。

診察やケアができる“手”を作るための
体操もしないといけないし

クリックすると元のサイズで表示します

トコちゃんベルトを使った骨盤ケア法も
習得してもらわないといけないし

クリックすると元のサイズで表示します

骨盤の解剖学と
骨盤のゆがみや緩みが
妊娠出産に及ぼす影響も
知ってもらわないといけないし

クリックすると元のサイズで表示します

骨盤の触診もできるように
なってもらわないといけないし

クリックすると元のサイズで表示します

ふ〜っ、忙しい2日間やな〜。

何とかしたいが
内容を減らすのは難しいし

年々、物事を素早く
器用にできる人は減っているし

これからどうするのがいいのか…?
悩みは尽きない。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ