最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2013/2/13

握り拇指(にぎりぼし)  赤ちゃん・子ども

私のグーはこれ。このように親指を握り込むと違和感を感じ、とてもヘン。
 ↓                        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

セミナー受講生にグーをしてもらうと、1/4〜1/3はこうなり、
 ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
  「親指を出してグーをすると、とてもヘンで落ち着かない」と言います。

空手やボクシングをするときのグーは、私と同じように親指は出ていて、
握りこんで打つと、骨折すると聞きます。

ハサミを使うのも、紐を結ぶのも、どちらが器用にできるでしょうか?
それは、私と同じグーをする人です。

生まれたばかりの赤ちゃんの手は、
我々が若い頃は、私と同じように、
親指を外にして握っている子が多かったと記憶しています。

ところが、若い助産師に尋ねると、
親指を握り込んでいるか、開いたまま握らないか、
もしくは、このような手をしていると言います。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

中には、こんな状態でガチガチに凝り固まっている子もいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ではどうすれば親指が外に出るようになるのでしょう?

大人の片方の親指を、赤ちゃんの指人さし指〜小指で握らせて、
@を20秒〜40秒間、ほんの1mm ずつ、横にずらすような気持ちで、
モニョモニョと、動かします。           

クリックすると元のサイズで表示します

@が楽にできるようになったら、Aをしましょう。
@Aともに、授乳の後など、1日に1〜5回。

次第に親指を握り込まなくなり、赤ちゃんの表情も柔和に↓

クリックすると元のサイズで表示します

大人もそうですが、親指が良く動くようになると、
腕〜肩〜首も楽になり、体全体が楽になるからでしょうね。

何日か続けていると、私のようなグーができるようになります。

クリックすると元のサイズで表示します

肩も凝らず、腕のだるさを感じることもなく、
器用に仕事をこなせる体で人生を送れるって、お得ですよ(^o^)/~
21



2013/2/22  23:43

投稿者:野田

本当にご迷惑をおかけしてすみませんでした・・・・・

今日、施術の予約をした際に、先生に、野田さんはすごく頑張ってるよ、それでも難しいこともあるから、私で良ければ力を貸すよ、と言われ、涙がこみ上げてきました。

先生の話では、一度、私のカイグリカイグリオツムテンテンを見て、私が娘を良くしたいという一心でカイグリカイグリオツムテンテンに力が入りすぎ、結果、娘を硬くしているそうです。
その時も教えていただき、優しく優しく頑張っていたのですが、また力が入りすぎてしまったようです。
頑張っていたのですが、裏目になってしまうとは・・・・

先生に施術してもらう時には、しっかり勉強してこようと思います。

いつか、信子先生に会いたいですし、施術をして頂き魔法の手を実感したいので、近くに引っ越した際にはお邪魔させて頂きます。

2013/2/22  22:24

投稿者:渡部信子

野田さんから、健美サロン渡部の方に直メールを頂き、
ここに載っている人ではなく
http://www.kenbisalon.jp/html/syuryosya/syuryosya.htm
二人の助産師の名前を勘違いしていたとのことでした。
結果、とてもいいケアしてもらった助産師が
ここに載っている助産師であることが分かりました。
「載っている人で『夫の退職金を…』に相当する人はいない」
との私の記憶は正しかったです。
少しホッとしましたが、赤ちゃんの体を楽にし
発達を促すためのケアは、難しくて、ほんまに大変です。
でも、赤ちゃんの持つ自然回復力はとても大きいので、
悲観する必要は全くありません。
野田さんの赤ちゃんのように手の甲をしゃぶる子は
たくさんいます。私の三人目の孫もそうでした。
カイグリカイグリオツムテンテンなどのて遊びを毎日、
1日に数回ずつ続けているだけでも、
赤ちゃんはどんどん体が整っていきます。
私の三人目の孫も、今は5歳ですが、
とても器用で賢く育っています。
今後、もしも福岡・京都・生駒・名古屋・東京のサロンで
私や長男の施術が受けられそうになれば、
ぜひ一度お越しください。

2013/2/22  8:23

投稿者:渡部信子

野田さん 
E-mail kenbi@pearl.ocn.ne.jp に
直メールで、その人の名前をお知らせください。
適切に対処いたします。

2013/2/22  0:21

投稿者:野田

ハッキリと載っています。

2013/2/21  22:52

投稿者:渡部信子

野田さん 
ここに載っている人ですか?
http://www.kenbisalon.jp/html/syuryosya/syuryosya.htm
「夫の退職金を…」などから、
この人かもと思い浮かぶ人はいないのですが?

2013/2/21  10:11

投稿者:野田

ここでは、私の県をふせさせて頂きます。

なぜかというと、実は1度、私が住んでいる県の先生に娘を診てもらいました。娘が1ヶ月半くらいの時でした。

私が住んでいるところにはその先生が一人だったので、選択肢はなく、行きました。
すると施術中、先生が私に話したことはほとんど、お金のことでした。
『私はこんなに安い値段で、子供に施術をしている。』
『私は安く施術をしているので、旦那の退職金を使い果たした。』
『私みたいにこんなに良くしてあげる人はそうそういない。』
ほとんどがこのような話でした・・・・・

娘のどこが悪いかとか、普段はここを重点的にして、とか教えてくれるわけでもなく、ただお金の話だけでした。
その頃、子供が便秘気味で、どうしたらいいですか、とも相談したのですが、
『こんな親の元に産まれて子供が可愛そう。』
とだけ、言われ、改善方法に教えてもらったのはマルツエキスだけでした。

確かに初めての子育てで、子供には可愛そうな状況かもしれません。
それでも、出来る限りのことはしてあげたい一心で、その先生のところを訪れたのに・・・・・
先生のところから帰るときには、ただただ悲しくて泣いていました。
ですから、もう行きたくない、というのが現状です。
信子先生は好きですが、その先生と接することで、トコ・カイロプラクティックをとても尊敬していた気持ちも、なくなってしまいました。

でも最近は、トコ・カイロプラクティックが悪いわけではなく、その先生と私の性格が合わなかっただけ、他の先生に診てもらえばいいじゃない、と思うようにしています。
もうすぐ、旦那が転勤します。転勤先の発表はまだですが、転勤先でトコ・カイロプラクティックの先生を探そうと思っています。

長々となりすみませんでした。

2013/2/19  21:05

投稿者:渡部信子

上野さん 横レスおおきに。
スマホの常用で形状記憶してしまった手では、
育児はできないですね。

「握り拇指」のまま「回内回外の操体法」を、
今度写真を撮って、ブログにUPしますね。
上野さんがブログ開いたら愛読者増えると思うけどな〜。

2013/2/19  20:49

投稿者:渡部信子

手の甲をしゃぶっている子は、スプーンはなんとか使えても
箸を上手く使えないことが多いです。
上肢の捻じれを改善するには、
全身の調整が必要なことが多いので、
http://www.kenbisalon.jp/html/syuryosya/syuryosya.htm
の2級以上の施術や指導を受けるといいですが、
何県ですか?

2013/2/19  9:25

投稿者:上野順子

上野@八戸市です。

先生、「握り拇指」の人はまだマシですよ〜(> <)
「スマホ・携帯握り」とでも言いますか、拇指が外だけど、拇指が立っちゃってる方、いっぱいいます。

そういう方は、拇指球(親指側の肉球)が内側に入っています。
抱っこの時、手のひらが赤ちゃんの背中にフィットしないので、優しく背中を撫でても、お尻を揉んでも、赤ちゃんが「気持ちいいお顔」になりません。
首を支える時も「首を引っかける」ので、ギャン泣きです。

あえて「握り拇指」で親指の関節が内側に曲がる様にしてから、「拇指を外にしたしっかり握り」をしてもらうとマシになるかなー。

応急処置としては「握り拇指」のまま「回内回外の操体法」

妊娠中の方は、「編み物(棒編み)」や「あやとり」で、時間をかけて、手のひらや親指が開いたり閉じたりスムーズにできるように訓練するといいかもしれません。

横から失礼しました。

2013/2/18  15:44

投稿者:野田

お返事、ありがとうございます。
しゃぶっているのは、手の甲側です・・・・・
2ヶ月の頃はうまく親指と人差し指の間をしゃぶっていました。けれど、3ヶ月なる前から手の甲をしゃぶりだし、気になっていたのですが、やはり捻じれているのですね。
捻じれているのかもとは思っていましたが、先生のおかげではっきりしました。
改善させる体操とはどういったものがあるのですか。
度々質問してすみません、初めての子育てで不安だらけで・・・・・それでも我が子に出来る限りのことをしてあげたくて、お手数をおかけしますが、ご返答、宜しくお願い致します。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ