最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2013/2/27

握り拇指と肘の捻じれ  赤ちゃん・子ども

2/13の記事「握り拇指(にぎりぼし)」の続きです。

握り拇指の子はたいてい肘も内巻きに捻じれていて、
そのままひじを曲げるとこのように、手の甲側が口に向かいます。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                              ↑
すると、指をしゃぶれず、手の甲〜手首をしゃぶるのが
癖になって、なかなか直らなくなってしまう子が、たまにいます。

すると、指先を上手く動かせず、箸やハサミを上手く使えない
不器用な子になってしまう確率が高くなります。

「手は突き出た大脳」とも言われていますが、それは↓

クリックすると元のサイズで表示します

このように、大脳の運動野も、感覚野も、
手と口や唇が占める領域がとても広く、
胴体や脚などは、とても狭いのです。

指をしゃぶると、手の指に舌や唇の暖かさや感触、
口から指を出すと、指に付いたツバがスーッと蒸発していく涼しさ
などが脳に伝わっていきます。

口には、指が動く感触や、
爪が尖っていると唇や舌に触れた時の痛さなどが
脳に伝わっていきます。

それが脳を育てるのです。
ですから「爪で顔をひっかくとキズができるから」と
手袋をかぶせてしまうのは、
脳の発達にブレーキをかけることになります。

赤ちゃんの爪は、大人用の爪切りについているヤスリで
といであげれば、切る必要もありません。

赤ちゃんには「指しゃぶり」をさせてあげて にも書いていますが、

5カ月まで良く指しゃぶりをした子は
その後、指しゃぶりをしなくなり、
器用に指を使えるようになり、
口八丁手八丁」と言われる子に育つ確率がUPします。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

握り拇指そのものは、この体操をすると、数日のうちに直ることもあるのですが、問題は…

「握り拇指」の記事への野田さんのコメントを要約すると

・・・・・・・・・
3ヶ月の娘は指しゃぶりがうまくできず、手の甲をしゃぶります。
親指が出てなかったので、親指が出たら親指をしゃぶるかもと、
今回のブログの通りマッサージを施しました。
すると、2日後に親指は出てきたのですが、
それでも手の甲をしゃぶります。
これは、腕が歪んでいるのでしょうか。
それとも、そのうち上手になるのでしょうか。全文はここから読めます。
・・・・・・・・・

そうです。肘も捻じれているのです。
そのうちに直るのは、あまり期待できません。

それでは、腕(特にひじ)の捻じれを改善させる体操をご紹介します。

@このように、あなたの人差し指を、赤ちゃんの4本の指で握らせて
あなたの親指で、赤ちゃんの親指の付け根から手首あたりを持って
腕全体をそっと、クル〜ッと、内側にねじります。(12:50)
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

1. 捻じったところで7〜10秒間止め、パッと離し、
2. 7〜10秒間お休み。

1.2.を3回繰り返す。

A両手同時にしてもOK↓

クリックすると元のサイズで表示します

B次は同様に、外側に捻じります。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

1. 捻じったところで7〜10秒間止め、パッと離し、
2. 7〜10秒間お休み。

これは、1.2を1回すればOK

Cすると、手の平側が体の方を向くようになった。(12:51)
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                                ↑
                       Dその後、カイグリカイグリ

E続いて、オツムテンテンをしたいのだが、
最近の多くの子は、腕が軽やかに動かず、重くて、しにくいので、
「アイアイ」の歌に合わせて片手ずつ頭に触れさせながら、1曲踊らせる。
   ↓                       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Fすると、ご覧の通り、手の平が体側に向くようになった。(12:53)
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

Gその後私は、首や頭と首の境目のあたりのコリを探して緩め、
バランスを整えます。↓

クリックすると元のサイズで表示します

でも、これは難しいので、私の教え子達も上手くできない人が多いです。

Hあんなに泣いていたのに、すっかりまどろんでしまった。(12:56)
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

@の写真とHの写真を見比べてみてください。
@は唇の周りが青みがかっていて、全身の皮膚色も悪く
 唇が薄く硬くて、ほうれい線が深く、
 実は、上手くおっぱいが飲めなかったのです。

Hは、唇の周りの青みが消え、全身の皮膚色も良くなり、
 唇はふっくらと柔らかくなり、ほうれい線が消え、
 上手くおっぱいが飲めるようになったのです。

これらの体操が上手くできない方は、たいてい、
あなた自身の肘もねじれています。

そんな場合は、 ↓ の P95

クリックすると元のサイズで表示しますここや大手通販会社のサイトで購入可

これの大人バージョンが載っていますので、
まずは、あなたができるようになると、
赤ちゃんにも上手にしてあげられるようになりますよ!
10



2014/8/29  14:55

投稿者:もも

先生!遅くなりましたが、コメントありがとうございます!
指しゃぶりは奥深いですね!!
機嫌の良いときに、親指を口に持っていってあげようと思います!
あと親指を使っておもちゃをもたせてみます!

2014/8/1  16:37

投稿者:もも

アマゾンで骨盤メンテ2を注文しました!さっそくやってみます!
うちの4か月の息子は、右手の中指&薬指をしゃぶっています。親指のもにょもにょ体操をやってますが、肘のねじれ体操に挑戦してみます。
本人が中指&薬指をしゃぶっているとき、親指をしゃぶるよう矯正をするのですが、だんだん機嫌が悪くなり大泣きすることもあります。私もムキになって親指をしゃぶらそうとしますが、赤ちゃんの機嫌が悪いときは、無理に矯正しないほうがよいのでしょうか??期限の良い時に矯正するほうが効果的でしょうか?

2014/7/17  1:32

投稿者:渡部信子

ももさん 
大人の肘の捻じれ改善体操は、『骨盤メンテ2』の
P80前後にたくさん載せていますので、
それを見ながらやってみてください。
少しすれば改善して楽になりますが、
いい状態は保つには、毎日続ける必要があります。
赤ちゃんの時に、肘の捻じれができずに育った人は得です。

2014/7/15  14:39

投稿者:もも

肘のねじれですが、うちの息子もねじれているので、紹介して頂いた体操をやってみたいと思います。ちなみに大人にも肘のねじれがあるみたいですが、矯正することはできるのでしょうか?もしできるのであれば、簡単な体操を載せて頂けると嬉しいです。

2013/3/11  0:55

投稿者:ねこ

渡部先生 お返事ありがとうございます。そういうことなんですね。わかりました。従来型のベビーカーを購入したいと思います。ベビーもママも美しい姿勢でハッピーに過ごしたいです(^-^)

ありがとうございました!

2013/3/2  9:10

投稿者:ともぞう

渡部先生、お返事ありがとうございます。
m(__)m

渡部先生に、心配ないとおっしゃっていただけて、ホッとしました。
早く膝バイしないかと焦っていました…。

肘と指の体操ですが、あぐらの中に座らせてやってるのですが、あぐらの中ででも寝返りして嫌がります…。
(>_<)
よほど私が不器用で体が固いのでしょうか……?
(+_+)

2013/3/1  22:41

投稿者:渡部信子

あきさん

人差し指や中指が好きな1歳4ヶ月児に、
親指をしゃぶるよう勧めても、
勧めに応じることはまずありません。
安定した歩行や小走りができているのなら、
特に心配しなくてもいいですよ。
指しゃぶりよりも手を使う楽しい遊びに忙しくなれば
次第に指しゃぶりをしなくなります。

頭や背骨がゆがんでいても賢い子もいますし、
全ての面で100点満点という子は、
何万人に一人くらいしかいないのでは?
何も悲観することはないです。

私も頭はゆがんでいるし、
軽いけども腰椎側弯はあるし、
子どもの頃から足腰は悪いですが、
40歳過ぎてから努力して、今は同年代の女性と比べて、
平均よりずっと元気で
充実した人生を送っていると思います。

でも、次の妊娠に向けて体を整えて、
妊娠する時にはすでに骨盤が良い状態になっているに
越したことはありません。
頑張ってケアしてください。

2013/3/1  22:20

投稿者:渡部信子

ともぞうさん
ハイハイでは、ずりばいが最も大切と、私は考えていますので、
九ヶ月半でズリバイしているのなら、心配はしません。
膝ばい、高ばいは、その次の段階です。

肘の体操、親指モニョモニョや親指回しの体操をする時は
アグラの中に入れて、前向きに抱いてすると、
寝返りして逃げることはありません。

右腕が上がりにくい場合の体操は、
http://blog.ap.teacup.com/majyosanba/24.html
最後に載っている体操をするといいのですが、
なるべく早くもう少しわかりやすく、
再掲載します。

2013/3/1  14:22

投稿者:あき

以前、動きが激しいことで、質問したものです。
1歳4ヶ月になりました。1歳2ヶ月から歩行し始め、今では小走りです。
そろそろ整体は卒業かな、と言われています(母はいわれません(・_・;)。
指しゃぶりをするとき、親指以外をしゃぶります。何度か親指を勧めたのですが、人差し指か中指が好きなようです。新生児の頃からですが、矯正したほうがいいのでしょうか。

おひな巻、スリングでまんまるを意識して育ててきました。半信半疑のところもありましたが、安定した歩行や、こけた時の身のこなしなど、やっぱりやってきてよかったと実感しています。
次の子は、妊娠中からケアします*\(^o^)/*

2013/3/1  9:26

投稿者:ともぞう

渡部先生、ツイッターで質問させていただいたともぞうです。
よろしくお願いします。

九ヶ月半の娘ですが、まだハイハイはほんの少しする程度で、まだほとんどズリバイです。
ズリバイの時、左手はだいぶパーになってきましたが、右手はまだグーの事が多いです。

先日、先生のブログに肘の体操もアップされてたので、それもやってみたのですが、反り返って嫌がり、寝返りしてしまうので体操が出来ません。
アイアイ体操の、片腕ずつでも嫌がって寝返りするので出来ません…。

五ヶ月ぐらいの時は毎日かいぐりおつむてんてんをしていたので軽く頭の上に手がついていたのですが、今は腹バイで遊ぶ事が多いので、体操をサボっていたら、こんなに固くなってしまいました。
左腕は、アイアイ体操で頭の上の方まで届くように、すぐ改善したのですが、右腕は耳の所までしか上がらずすごく力が入ります。

お忙しい所すみませんが、何か良い体操あれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ