最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2013/9/23

秋の彼岸のお花  ガーデニング(生駒の庭)

今日は秋分の日、つまり、彼岸の中日。
夫と車で出かけると、道端に真っ赤な彼岸花の大群落!
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

彼岸花(ヒガンバナ)とも曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも呼ばれるこの花は
毎年、秋の彼岸になると突然、真っ赤に咲く。

しかも、南北に長い日本列島なのに、
全国一斉に秋の彼岸の時期に咲く不思議な花。

家の敷地に植えると家事になるとか、
持って帰ると悪いことが起きる怖い花だとか…、

いろいろ悪く言われているので、
私も子どもの頃から、摘むことはおろか、
触ることもしなかった花。でも、きれい。

家のすぐ近くの道端にも咲いていた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       UPで撮ると、とても綺麗
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その隣にネコジャラシが風に揺れている。
シャッタースピードを上げて、上手く撮れた!
         ↓    
クリックすると元のサイズで表示します

正しくはエノコログサ(犬っころ草=狗尾草)。
犬のしっぽに似ているからついた名前だと。

単なる雑草だが、今日の写真で一番きれいに撮れたので、UP!

     我が家の槿(ムクゲ)
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今年の夏は前半は梅雨の延長みたいで、後半は猛暑で、
いつもの年のようには、きれいにたくさんは咲かなかったが、
何とか一輪、カメラにおさめられた。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

サルスベリも同様。名残の小さな一房しか木に残っていない。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

夏みかんは5個なっていたのに、3個しか残っていない。
葉っぱもたくさん落ちてしまっている。

猛暑のうえ、水をあげられなかったし、しゃ〜ないな〜。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑
          元気なのはランタナだけ
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

繁殖力が旺盛過ぎて、有害種に指定している国もあるそうだが、
我が家にとっては有難い花。
黄色のも咲いているが、白色とオレンジ色のは消滅した。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

西側の通路は倒れた紫陽花とツユクサで、道がふさがれている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     ツユクサもUPで撮ると、趣があるね〜。
             ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

ホットリップスも丈夫。その根元に、キャットテールが生き残っている。
        ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もう紫式部の実が色づいている! 椿の花の蕾も大きくなっている!
      ↓                       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

全国各地で真夏日となった彼岸の中日だが、
確実に、本句的な秋は近付いて来ている。

それにしても、去年の花と同じ、何一つ新しい花はなし。
それどころか、猛暑で、ツツジ・ボケ・シャクナゲなどが枯れてしまった。

しゃ〜ないな〜。
主は留守でも、ちゃんと自分で生きていけるものだけ、
生き残ってもらいましょ。
4
タグ: ヒガンバナ



2013/9/23  21:11

投稿者:吉野

我が家の周りにも沢山彼岸花が咲きました。

今日は、彼岸の中日
太陽は真西に沈み、西方浄土の方向をさします 。
仏教の考え方ですが、夕陽が沈む方向にお浄土があることから、夕方おつとめされて、はるか彼岸のご先祖様にてをあわせるのです。

うちの娘には
お寺にお詣り下さった方々に可愛がられ、楽しい一日でした。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ