最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/4/2

名古屋城本丸御殿の見学  史跡

お花見@名古屋城界隈のうちの、名古屋城本丸御殿見学

天守の南隣りに工事中の領域があり、この看板が目に入った。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

入っていくとヘルメットを渡され、それをかぶって階段を上っていくと、
工事中の建物の完成予想図。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この広い敷地にこれほど広大な本丸御殿などが、
建っていたんだ、ということがことがわかった。

意外にも、屋根は瓦・銅板・桧皮でもなく、薄い杉などの木を重ねたもの。
10年ほどでふき替えないといけないとか。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年見学した、金沢の兼六園内にある成巽閣の屋根が
そうだったことを思い出した。

階段を降り、既に完成している本丸御殿の表書院の見学に
明治維新以後も残っていたのに、名古屋大空襲で焼失した名古屋城。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
そのため、たくさんの写真や資料、
疎開して戦火を逃れた障子などが残っている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

それらを基に復原しようということだが、
どれくらいのお金がかかるのか? 想像もできない。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

最初にある部屋は玄関の間。虎が来客をにらみつける。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、どの襖絵も絢爛豪華。見事に復原されている。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代なら、こんな立派な御殿に、我々庶民は足を踏み入れることは
できなかっただろうに、そう思うとありがたいことや。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここが一番格式の高い部屋、表書院上段之間
格子戸や欄間の木工細工も緻密で、美しい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

中を覗き込むと、床の間には見事な老松の絵。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「いったいどこから、復原工事費を捻出するのかなぁ?」
などと、当事者でもないのに気になった。

でも、考えてみれば「尾張名古屋に見学に値する城がなければ、
リニアができても東の方から名古屋へは、観光客も来ないやろな〜」
などと考えながら、本丸御殿を後にした。
4
タグ: 名古屋城 本丸



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ